ビットコインの本当の目的|今後普及するのか

ビットコインの本当の目的|今後普及するのか

世界共通通貨ビットコイン

ビットコイン
ビットコインの最終目標は世界共通通貨になることです。

 

クレジットカードや電子マネーでなく、なぜビットコインなのか。ビットコインは安全なのか。ビットコインの今後はどうなるか。ビットコインの危険性。

 

今まで語られなかったビットコインとはの疑問にお答えしましょう。

ビットコインの有名な話

ビットコイン
ビットコインが誕生した2009年、ナカモトサトシを名乗る研究者が発表した論文がビットコイン誕生のきっかけになりました。

 

彼は、ブロックチェーン技術を使い、中央が管理する通貨の概念に革命を起こし、分散管理型の仮想通貨を考案しました。

 

ビットコインの成功によって、類似する様々な仮想通貨が生まれ、決済だけでなく、契約、株、不動産、銀行取引、クラウドなど、私たちの生活の一部になろうとしています。

 

仮想通貨は、電力、ガス、交通などインフラにまでなろうとしています。

 

 

 

ビットコインの何が凄いのでしょうか。

 

ビットコインは、中央が管理しないインターネット上の仮想通貨として誕生しました。

 

従来の通貨はすべて例外なく、管理する組織が存在しました。

 

日本円、ドル、ユーロ、元、ポンドなどこれらすべては国が発行する通貨です。

 

ただの紙切れを国が価値を保証することで信用が生まれたのです。

 

 

中央で管理する組織が存在しないビットコインに、どう価値を持たせるか、ナカモト氏は考えました。

 

金や、ダイヤモンド、レアメタルは埋蔵量が決まっており、欲しい人がいればいるほど価値が上がる。

 

ビットコインも上限量を決めて価値を持たせよう。

 

 

そこで、仮想通貨ビットコインの上限を2100万枚と設定します。

 

いくらほしい人がいても、市場に存在するビットコインはこれ以上増えません。

 

欲しい人がいればいるほど価値が上がる仕組みが完成しました。

 

 

ただ、いくら上限値を決めようが、欲しい人がいなければ価値は生まれません。

 

どうすればビットコインを欲しいと思う人が増えるのだろう。

 

ナカモト氏はビットコインの価値を決めるもう一つのアイデアを決定します。可能性です。

 

 

従来の通貨の弱点は、中央機関が価値をコントロールでき、インフレリスクが存在しました。また、国境を超える場合、自国の通貨が使えない、お金の流れを監視されるなどの問題がありました。

 

この弱点を解決できる可能性をビットコインに持たせれば、必然的に需要が生まれるとナカモト氏は感じます。

 

そこで、ビットコインの仕組みにブロックチェーン技術を用いた分散管理システムを考案します。

 

 

上限量である2100万枚のビットコインすべての情報を一つの台帳であるブロックチェーンに記載します。

 

その情報を一か所に集めるのではなく、全員で共有、監視する仕組みにしました。

 

そして、ビットコインの流れを全世界の人が閲覧できるようにしました。

 

一方、ビットコインの匿名性という課題にぶつかります。

 

世界中の人が監視し合うビットコインにどうやって匿名性を持たせたらよいか。

 

 

匿名性の解決のために、財布と鍵を考案します。

 

ビットコインと、ビットコインを入れる財布の情報は全世界に公開します。

 

一方、鍵の情報は、ビットコインを使う本人以外、知られない仕組みを作りました。

 

また、ビットコインと財布に個人情報を一切関連させないことにしました。

 

 

これによって、どの財布からどの財布にビットコインが移動したかという情報を監視しつつ、誰から誰に送金されたかという情報は絶対にわからない仕組みを作り上げました。

 

 

この仕組みは簡単そうで、今まで誰も思い浮かばなかったアイデアでした。

 

国境を越えた決済を迅速かつ安全に行える、新通貨というビットコインに買いが殺到。

 

目論見通り時価総額3兆円を超えるまでに成長しました。

ビットコインが役立つシーン

ビットコイン
ビットコインのメリットは何でしょうか。

 

まず、海外送金が挙げられます。

 

海外に現金を送金する際、銀行に3000円を超える高額な送金手数料を払う必要がありました。これは、少額の送金に非常に非効率です。

 

一方、ビットコインはわずか数十円の手数料で、世界中どこの国にも送金することを可能にしました。

 

 

次に、店舗経営者が恩恵を受けます。

 

買い物の際、支払いは現金かカードが用いられます。

 

現金は、強盗などの心配から、頻繁に銀行口座に振り込まなくてはならず、管理に人手やお金が必要です。

 

また、クレジットカードは高額な決済手数料をお店が負担するため利益率を下げる要因になっていました。

 

ビットコイン決済は手数料が不要で、現金を取り扱う必要が無いため、売り上げ管理に掛けるコストを大幅に下げることができます。

 

コストを下げられれば、商品を安くすることもできます。

 

ビットコインの普及は、間接的に安く買い物ができることにつながります。

 

 

もう少し視野を広げます。

 

ビットコインは通貨のリスクを減らすことができます。

 

日本に住んでいる私たちにはあまり理解できませんが、自国の通貨が不安定な国も多く存在します。

 

給料をもらった翌日に、貨幣の価値が半分になってしまうような不安定な通貨を持つ国もあります。

 

その様な国では、通貨をビットコインに両替すれば、通貨下落のリスクを下げることができます。

 

通貨が安定している日本では考えられないようなことですが、世界にはこのような国が多くあります。

 

また、銀行が少なく、気軽に預金や出金ができない人も多く存在します。

 

一日がかりで銀行に行き、大金を引き出して泥棒に合ってしまっては目も当てられません。

 

ビットコインは、インターネットにつながっていれば誰でも所有することができます。

 

銀行よりもインターネットの普及率が高い現代では、現物通貨よりもビットコインが便利な国が沢山あるのです。

 

 

ビットコインは世界経済にも良い影響をもたらします。

 

いままで対象にならなかった潜在的なお客を増やせるためです。

 

世界共通通貨のビットコインなら、どの国の商品もビットコインで決済できます。

 

いままだ見向きもしなかった人たちが、ビットコインで買い物をしてくれるようになるのです。

ビットコインのリスク

ビットコイン
ビットコインは、世界経済をも動かす革命的な通貨ですが、リスクも存在します。

 

一つは価格の変動です。

 

中央機関が存在せず、管理する組織が無いため、ビットコインの価格は需要と供給だけで決定します。

 

株や既存の通貨よりも変動する値幅が大きく、急に価値を下げる危険性があります。

 

 

ビットコインの安全の仕組みを悪用される可能性もあります。

 

ビットコインに価値を持たせる仕組みに、全員が監視し合い、加わる不正は多数決の原理で排除することが挙げられます。

 

しかし、もし、悪意ある者が善意の者より1人でも多い場合、不正が可能になってしまいます。

 

事実、分散化されたビットコインの運用システムの集約が進んでおり、巨大なコンピュータがビットコインを支えるようになりました。

 

ビットコインのシステムに参加すれば報酬がもらえ、誰でもシステムに参加することができるのですが、組織化したほうが利益率が高くなるために、集約化が進んだのです。

 

現状、ビットコイン運営の報酬はビットコインで支払われるため、大金をかけてビットコインのシステムを攻撃することは何もメリットはありません。

 

しかし、本気でビットコインを乗っ取ろうと思えば、不可能ではありません。

 

 

他に、匿名性を悪用するリスクがあります。

 

ビットコインの流れは監視できても、個人を特定することは不可能です。

 

これがビットコインの価値を生む要因ですが、言い換えれば犯罪に利用さることが想定できます。

 

事実、パソコンを暗号化させ、解除コードを販売する代わりにビットコインを要求するランサムウェアが問題になっています。

 

通常、現金を送金すれば犯人の足がかりが付きますが、ビットコインで支払われると、犯人を特定することが不可能になります。

 

また、資金洗浄としてビットコインが用いられる危険があります。

 

現金をビットコインに両替し、再び現金に戻すと、現金の流れを追跡することができなくなります。

 

これは、犯罪を増加させる要因に成り得ます。

 

 

ブロックチェーンの欠陥が見つかるリスクもあります。

 

2009年にビットコインが誕生してから現在まで、ビットコインの仕組みは完璧です。

 

一度も不正されたことはありません。不正が不可能な仕組みです。

 

しかし、今後もそれが続くかどうかはわかりません。

 

予想もしなかった欠陥が見つかる可能性は0ではないため、万が一ブロックチェーンに欠陥が発見されれば、仮想通貨の価値はなくなってしまいます。

今後の動き

ビットコイン
ビットコインが誕生して10年もたっていませんが、すでに仮想通貨の種類は1000を超えました。

 

ビットコインが決済専門の仮想通貨であるのに対し、銀行のシステムになるリップルやネム、株取引や債券取引を分散化できるイーサリアム、中央集権型クラウドを分散化するメイドセーフ、様々な仮想通貨が生まれています。

 

仮想通貨は代表的な呼び名であり、根幹にはビットコインが実現したブロックチェーン技術が存在します。

 

自動車が開発され、経済が発展しました。

 

インターネットの普及は世界中の人々を豊かにしました。

 

ブロックチェーンはこれらの技術革命と同等以上の変化をもたらす技術なのです。

 

 

ブロックチェーン技術は今後必ず普及します。

 

私たちの生活に無くてはならないインフラになります。

 

そして、その代表がビットコインなのです。

 

ビットコインはまだ浸透していない通貨だと考えれば、今後の可能性は非常に大きいのではないでしょうか。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


ビットコイン


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で