仮想通貨Burst(バーストコイン)高騰の理由と今後の展開

仮想通貨Burst(バーストコイン)高騰の理由と今後の展開

BurstCoin(バーストコイン)とは

Burst,バーストコイン,仮想通貨
BurstCoin(バーストコイン)は仮想通貨の一種であり、マイニングに余ったハードディスクを利用する高効率仮想通貨です。

 

ビットコインの最大の問題はマイニングやシステム維持に、莫大な電気エネルギーが必要であることです。

 

バーストコインは低エネルギーでシステムを維持できることから、エコでクリーンな仮想通貨と期待されています。

バーストコインのマイニング

Burst,バーストコイン,仮想通貨
Burstコインのマイニングはハードディスクによって行われます。

 

高容量なHDDが当たり前になった今では、使われていないハードディスクの空き容量が大量に溢れています。

 

その空き容量を有効活用し、エネルギーを消費しないエコな仮想通貨としてバーストコインが実現させました。

 

ビットコインは参加者が増えれば増えるほど、エネルギー消費量が多くなっていき、マイニングにかかるエネルギーは、私たちがビットコインを送金するときに支払う手数料によって賄われています。

 

現在、ビットコインの平均的な手数料は約70円ほどですが、今後、ビットコインが普及すれば普及するほど手数料が高くなります。

 

少しでも効率よくビットコインをマイニングするために、電力が安い土地を探して巨大なマイニング専用マシンが集約されており、分散型のメリットが失われつつあります。

 

 

バーストコインシステム維持にかかるエネルギーがビットコインの1000分の1から500分の1となっており、将来にわたり、低コストで送金ができる仮想通貨になっています。

バーストコインの特徴

バーストコインはビットコイン2.0(次世代仮想通貨)に分類されます。

 

通貨の送金以外に、様々な情報をブロックチェーンに載せることができます。

 

ブロックの間隔は4分とビットコインの10分に比べ短くなっており、高速送金が可能です。

 

 

バーストコインのトランザクションは完全に自動化されているため、決められた契約を確実に実行します。

 

よって、私たちが好きな企業にいつでも出資できるクラウドファンディングや、不正の無い抽選を実行できます。

 

不正の無い抽選とは宝くじのようなものです。

 

 

一部のポイントサイトなどにみられる、虚偽の特典を防止出来ます。

 

例えば、商品を購入した人に1000ポイントプレゼントなどとうたいながら、実際にはポイント付与が行われないなど悪質サイトが横行していますが、

 

バーストコインのシステムでは、確実に抽選、特典を実行できるので、安心して買い物やポイント稼ぎができるようになります。

 

 

現在主流のほぼすべての仮想通貨は、マイニングや決済の計算にGPUを使う非効率、かつエネルギーを浪費するシステムで成り立っています。

 

バーストコインは、エコでクリーン、そして安全便利な決済手段、クラウドとして注目を浴びており、今後の情報が楽しみですね。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


Burst,バーストコイン,仮想通貨


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で