COMSA(コムサ)日本発祥の仮想通貨を徹底解剖

COMSA(コムサ)日本発祥の仮想通貨を徹底解剖

トークンセール開始

COMSA,コムサ,仮想通貨
日本発祥のCOMSAが、期間限定の2017年10月2日から期間限定でトークンセールを開始し,100億円越えの資金を調達しました。

 

トークンといわれるCOMSAの実態と、仮想通貨とCOMSAの関係、そしてそもそもCOMSAとは何なのか。

 

徹底的に解説します。

COMSA(コムサ)とは

テックビューロが開発を進めるCOMSAプロジェクトは、簡単に言うならば、仮想通貨の橋渡をするプログラム、そしてベンチャー企業の資金調達のプラットフォームです。

 

COMSAの基本骨格はこうです。

 

EthereumとNEM、そしてBitcoinはそれぞれ異なるブロックチェーン技術が用いられています。これらの仮想通貨は別々のプログラムで動いています。

 

よって、仮想通貨を利用したい企業は、まず初めに仮想通貨の種類を選ばなくてはなりません。

 

そして、選んだ仮想通貨のプログラムを利用し、自社にあったプログラムに適合するようにチューニングするには、高度な技術者とコストが必要です。

 

これを解決するのがCOMSAです。

 

テックビューロ社が、ブロックチェーン導入を支援することで、仮想通貨導入のハードルを下げ、企業がブロックチェーンの開発が容易になります。

 

仮想通貨の開発が楽になることで、資金調達が簡単になり、ベンチャー企業が誕生しやすくなるというわけです。

 

 

もう一つは、EthereumとNEM、そしてBitcoinの橋渡しの役割をCOMSAが担います。

 

COMSAは、ビットコインやイーサリアムと異なり、マイニングが不要です。

 

ICOが完了した時点の発行数で固定されます。

 

よって、COMSAの仮想通貨取引には、手数料が不要です。

 

手数料がかからないCOMSA上で、ビットコイン、イーサリアム、ネムのバランスを取りながらを取引することで、3つの仮想通貨の取引手数料を劇的に安くできるというメリットもあります。

 

まとめると、COMSAを利用すれば、企業の資金調達が劇的に簡単になります。

 

また、仮想通貨取引の手数料が安くなります。よって、ビットコイン、イーサリアム、ネムをCOMSAで導入すれば、IoTに既存の仮想通貨を導入できるメリットがあります。

 

ご存知の通り、IoTは、ありとあらゆるものをネットにつなぐという、世界的な構想で、エアコン、冷蔵庫などの家電をはじめ、車、工事車両、さらには道路そのものをネットにつなぐということが世界的に行われています。

 

IoTのメリットは、利便性向上です。

 

外出先から家電をコントロールし、自動運転を支援、さらに補修が必要な道路や橋を一括管理できます。

 

一方、デメリットも存在します。それはセキュリティです。

 

すべてをネットにつなぐために、厳重なセキュリティ対策が必要になりますが、家電に搭載するコンピュータは計算能力が非常に低いものになります。

 

よって、十分なセキュリティを施せないというジレンマがありました。

 

これを解決するのが仮想通貨です。

 

仮想通貨がもつブロックチェーンは、事実上不正不可能な仕組みになっており、しかも導入する端末は計算力が低くても全く問題ありません。

 

ただ、課題もありました。

 

従来の仮想通貨は、データ通信ごとに手数料が発生する仕組みです。

 

Iotは、データ量は少なくても、データの送受信の回数が非常に多いため、トランザクションごとに手数料がかかる、イーサリアムやネムを導入することはできませんでした。

 

 

これを解決できる可能性があるのがCOMSAというわけです。

 

COMSA自体はトランザクション手数料が不要で、COMSAと従来の仮想通貨を結びつけることで、セキュリティが強固な仮想通貨を、安く導入できるというわけです。

COMSAを購入する方法

COMSAが上場し、時価総額100憶円はあっという間に800億円となりました。

 

100憶円の資金調達後、COMSAは当初の2倍量を発行しています。

 

そして、上場初値は120円ほどで安定していました。

 

この時点で240億円の時価総額です。

 

そして、COMSAの入出金が可能になり、流動性が上がると発表されたのち、4倍に高騰。

 

すぐに800億円を突破します。

 

今後、COMSAは多くのICO案件を発表すると考えられており、ますますの価格高騰が期待されています。

 

現在COMSAの取り扱いはザイフのみとなっているので、興味がある方は登録してみてください。

 

コムサ公式ページ
↓↓
https://zaif.jp/

COMSAの将来性と今後

COMSAプロジェクトはまだ始まったばかりですが、すでに大口の投資家が表れています。

 

初期に1億円の投資を発表した人がおり、現在すでに4億円の資産を手にしていると考えられる人も出てきています。

 

今後のCOMSAの動きから目が離せません。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


COMSA,コムサ,仮想通貨


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で