仮想通貨CUBEのすべて-注目される大型ICO

仮想通貨CUBEのすべて-注目される大型ICO

仮想通貨CUBE

CUBE,仮想通貨

仮想通貨のCUBEは、韓国最大の企業サムスンがタイアップして進める大型の仮想通貨プロジェクトです。

 

他に、ベンツ、ポルシェ、スタンフォード大学などが技術者を派遣し、共同開発しています。

 

特徴は、今後確実に普及する自動運転システムや、家電のIoT化のセキュリティ対策です。

 

仮想通貨CUBEの詳細を紹介します。

自動運転車のすべてに関係する

自動運転技術は、自動車間通信、ナビゲーション、GPS、運転情報を無線技術に依存します。

 

自動車メーカーや、自動運転システムは、車の情報を常に把握、遠隔操作するために常時接続された状態になりますが、これはハッキングのリスクになります。

 

万が一自動運転システムがハッキングされた場合、交通事故を意図的に発生させるなど、私たちの身近な脅威となります。

 

通常、セキュリティ対策は大がかりなソフトウエアによって行われますが、自動車や家電に搭載されるコンピュータの処理能力は低く、対処に非常にコストがかかるといわれていました。

 

そこで登場したのが仮想通貨CUBEです。

 

仮想通貨の特徴は不正が不可能であるという点です。

 

最初に誕生したビットコインは、過去一度も不正操作されたことがありません。

 

それほど強力なセキュリティを持ち、画期的な発明でした。

 

一方、ビットコインやイーサリアムをIoTに搭載するには不向きでした。

 

トランザクションごとに手数料が発生するためです。

 

車の自動運転は、常に車や周りの情報を通信するため、トランザクションサイズのわりに、膨大なトランザクション量が必要で、コストが莫大になってしまいます。

 

CUBEはIoT専用に設計する仮想通貨なので、トランザクション量に比例しない、低コストな仮想通貨という特徴を持っています。

 

そのほかにも、CUBEはほかの仮想通貨にない特徴を持っています。

悪意のある改ざんが不可能

自動運転のソフトウェアは、常にアップデートを繰り返しながら、最適な運転をサポートします。

 

攻撃者は、このシステムを悪用し、アップデートの際に正規の情報に偽の情報を紛れ込ませようとします。
自動運転のサーバーがウイルスに感染したとしても、CUBEを導入していればアップデートの際に自動的に検知し、感染を防ぎます。

 

仮想通貨の特徴上、サーバーの公開鍵を常に認識し、監視しています。

 

自動車のコンピュータをアップデートする際には公開鍵を一致させる必要があるため、そもそも攻撃者が入り込むことが不可能な仕組みになっています。

AIによるディープラーニングを搭載

CUBEはAIを搭載する仮想通貨になっています。

 

AIによって、過去に行われたハッキングをディープラーニングし、将来行われるであろう攻撃を想定し、防御システムを構築します。

 

先ほど紹介した公開鍵のセキュリティだけでも強力な防御システムですが、AIを用いることで、絶対に侵入不可能なシステムを構築します。

 

CUBEはAIによるセキュリティシステムを2019年に搭載する予定になっています。

量子コンピュータ対策

量子コンピューターの実用化が目の前となっています。

 

すでにマイクロソフトやグーグルは、量子コンピュータの試作品を作成し、量産の研究を進めています。

 

量子コンピュータが登場すれば、これまで数億年かかった計算を数秒で行うなど、コンピュータの世界に革命がおこります。

 

一方、量子コンピュータの登場はセキュリティの最大の脅威となります。

 

現在世界中で採用されているセキュリティ対策は、「時間を掛ければ解ける数式」がベースになっています。

 

時間を掛ければ解けますが、あまりにも時間がかかりすぎるため、攻撃者の攻撃をかわすセキュリティですが、量子コンピュータが登場すれば、これらのセキュリティは一瞬で破られてしまいます。

 

これは仮想通貨も同様で、量子コンピュータの登場は、従来の仮想通貨のシステムそのものを崩壊させてしまうほど破壊力があります。

 

CUBEはこの問題にいち早く取り組む予定で、量子ハッシュ化暗号レイヤーと呼ばれるセキュリティを搭載し、量子コンピュータでも破られない、最強のセキュリティを実現しようとしています。

 

その搭載時は2022年になる予定です。

CUBEの応用

仮想通貨CUBEは、韓国最大の企業、サムスン電子が開発しています。

 

サムスン電子は、世界時価総額ランキングで、日本最大のトヨタ自動車を超えるビック企業です。

 

サムスンがCUBEを開発し、開発に協力するメーカーは堂々たるメンバーです。

 

ベンツ、ポルシェ、そしてスタンフォード大学など、超一流の研究者が開発を進めており、非常に注目されているのです。

仮想通貨CUBEの買い方

執筆現在、CUBEはICOの段階にあります。

 

2017年12月からプレセールが始まっており、2018年2月28日まで、売り切れるまで購入することができます。

 

1億2000万CUBEが発行され、1イーサリアム1000CUBEに固定されています。

 

よって、売り切れ次第プレセールは終了し、購入は早い者勝ちとなります。

 

執筆現在、すでに全体の20パーセントは販売済みなので、購入したい人は早めに登録が必要です。

 

方法はCUBEの公式サイトhttps://cubeint.io/にアクセスし、マイページに登録します。

 

すると送金先のイーサリアムアドレスが発行されるので、そのアドレスに送金するだけです。

 

まずはイーサリアムを手に入れる必要があるので、日本最大のコインチェックで購入し、送金するのが良いでしょう。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


CUBE,仮想通貨


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事