CoinExchangeで仮想通貨を購入する方法

CoinExchangeで仮想通貨を購入する方法

日本で買えない仮想通貨

他の記事で紹介した通り、日本で買えない仮想通貨は海外の取引所で買うことになります。

 

海外の取引所と聞くと、英語の心配や安全性、利便性が気になるとことですね。

 

しかし、心配無用です。

 

FXや株の口座と異なり、仮想通貨の取引所は、仮想通貨の送金システムを利用し、本当に簡単に送金、購入ができます。

 

日本で買えない、誕生したばかりの仮想通貨をCoinExchangeで購入する方法をお伝えします。

種類豊富な仮想通貨取引所

日本人が口座を開設する、もっとも人気の海外にある取引所はポロニエックスです。

 

日本に無い仮想通貨を買う方法とはで紹介する通り、ポロニエックスは日本で買えない仮想通貨を豊富に取り揃えていて、しかも、取扱量もダントツ多い取引所です。

 

現在、日本の取引所で最多の仮想通貨を扱うのはコインチェックで13種類です。

 

一方ポロニエックスでは50種類を超える仮想通貨に投資できます。

 

ただ、ポロニエックスに上場している仮想通貨は、すでに人気が出た仮想通貨だけであり、誕生して間もない、まだ注目されていない通貨は購入できません。

 

そこでCoinExchangeという取引所を利用します。

 

CoinExchangeでは、仮想通貨が誕生した当日でも取引可能です。

 

リンクから口座開設できるので、登録してみてください。

 

 

ポロニエックスの口座開設と異なり、住所や電話番号などの登録は一切不要で、メールアドレスとユーザー名、パスワードだけで開設できます。

 

150種類ほどの取り扱いがあり、ポロニエックスですら変えない仮想通貨に投資することができます。

 

 

ただ、弱点もあります。

 

誕生して間もない仮想通貨は、流通量が少なく、売買の頻度が非常に少ないです。

 

よって、買いたい値段と売りたい値段の差が大きく、なかなか約定しないことが挙げられます。

 

もちろん、希望購入価格を高額にすれば、すぐに約定し購入可能です。

 

 

時価総額1000万円にも満たない、超マイナー通貨も取り扱っており、CoinExchangeで購入した通貨がポロニエックスなどに上場されれば、まさに「暴騰」が期待できます。

 

半面、消えてなくなる仮想通貨に投資してしまうリスクもあるので、少額多種の投資をおすすめします。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


coinexchange,仮想通貨


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で