仮想通貨Litecoinの相場と今後の可能性、ライトコインの特徴とは

仮想通貨Litecoinの相場と今後の可能性、ライトコインの特徴とは

急成長したLitecoin(ライトコイン)

Litecoin,ライトコイン,仮想通貨
2011年10月7日に誕生したLitecoin(ライトコイン)は、ここ最近急成長を遂げており、世界第4位の時価総額になりました。

 

ビットコインに似た仕組みであるライトコインはなぜこれほどまでに注目されているのでしょうか。

ライトコインの最大の特徴は?

ライトコインはビットコインと同じ、ブロックチェーンを利用した仮想通貨です。

 

仕組みはほぼビットコインと同じですが、ライトコインはビットコインにない最大の特徴があります。

 

それは、マイニング(採掘)がビットコインに比べて圧倒的に軽いということです。

 

少し具体的に見てみましょう。

 

ビットコインはSHA-256ハッシングという仕組みを導入し、マイニングを行っています。

 

このSHA-256ハッシングは、CPUを並列処理させた方が有利になるという特徴があります。

 

現在、ビットコインのマイニングにはGPUが使われますが、GPUというのは、CPUコアの並列システムです。

 

CPUはどんなに多くても8コアや16コアが限界ですが、GPUは比べ物にならないほど多くのコアを持っています。

 

よって、GPUは並列処理が非常に得意で、パソコンの動画や画像処理、ディスプレイへの描写計算などに使われています。

 

 

ビットコインの仕組みは画期的でしたが、並列処理に処理能力は指数関数的に増えていくという特徴があります。

 

マイニング参入者が増えている今、マイニングに勝利できる人はごく一部の限られた人になってしまいました。

 

 

一方ライトコインは、ビットコインが持つマイニングの弱点に焦点を当てた仮想通貨なのです。

 

ビットコインと異なり、アルゴリズムにs-cryptというシステムを導入し、CPUでも処理できるような仕組みを開発しました。

 

現在は計算量が増え、GPUでマイニングするケースがほとんどですが、多くのマイナーがライトコインのマイニングに参加している状況です。

ライトコインの特徴

ビットコインは10分毎にブロックを処理していましたが、ライトコインはその4分の1の2分30秒で1ブロックを処理します。

 

よって、ビットコインに比べて決済スピードが速いです。

 

また、マイニングの上限量、いわゆる、発行通貨の数量はビットコインの4倍、8500万枚となっています。

ライトコインの今後

ライトコインは、元グーグル社員がビットコインの弱点を補うために提案、開発された通貨です。

 

ビットコインが持つ匿名性や、技術革命といわれたブロックチェーンシステムをそのままに、決済スピードを向上させ、情報保存量も増やした仮想通貨です。

 

これらの要因から、世界中がライトコインの可能性を評価し、全仮想通貨の中で時価総額4位にまで上り詰めました。

 

ビットコインの圧倒的な時価総額に比べればまだまだ規模は小さいですが、今後最も注目される仮想通貨の一つではないでしょうか。

<<東証一部上場GMOコイン公式ページ>>

https://coin.z.com/


・主要通貨の購入可能

・スマホで登録完結

・銀行提携で即時入金



公式サイト

特徴

GMOコイン

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事