【ICO】Momentum | ポイントカードを統合する仮想通貨

【ICO】Momentum | ポイントカードを統合する仮想通貨

ポイントの使い忘れを防ぐ

Momentum,仮想通貨,モーメンタム
気づけば財布の中はポイントカードばかり。いざというときに出てこない。

 

ハードワーカーMはこの経験からポイントカードをもらうのをやめた。

 

ポイントをもらうのをやめたのは良いが、支払いのたびに損した気分になる。

 

いっそのこと、すべてのポイントを統合してほしい。

 

それを実現するのが、新規発行されるトークン(仮想通貨)Momentumだ。

 

2018年4月28日に始まるMomentumのICO詳細と、トークンの特徴について紹介しよう。

MomentumのICOがスタート

Momentumは、ポイントカードを統合し、換金、付与もできる多機能なポイントシステムだ。

 

多くのポイントカードはお店ごとに発行され、そのお店でしか利用できない。

 

最近は楽天ポイントやdポイントなど、様々なお店が楽天やドコモポイントに加入するなどの共通ポイントが増えてきた。

 

ただ、やはり不便は残る。

 

楽天ポイントに対応するのは一部大手のお店だけで、当然ドコモポイントを楽天ポイント加盟店では利用できない。

 

Momentumは、すべてのポイントを統合し、ポイントカードを利用する私たちが混乱しない仕組みを作ろうとしている。

 

しかも、従来のポイントより優れている点が多々ある。

 

一つ目はポイントが消滅しないこと。

 

Momentumは仮想通貨のイーサリアムベースのトークンなので、有効期限が無い。

 

また、中央の管理者がいないため、会社がつぶれてポイントが消滅することもない。

 

よく友人に、5万ポイントも貯めたぞ!と自慢されるが、ポイント貯金はリスクしかない。

 

なぜなら、1ポイント=1円と固定されているわけでもないし、万が一発行元がつぶれたらポイントは1ポイント=0円、要するに無効になる。

 

Momentumは長期的にポイントをためる人にとっても最適なトークンになる。

 

Momentumはトークンなので、取引所で換金できる。

 

貯めたポイントを日本円に換金する以外に、ビットコインやイーサリアムに換金できる。

 

さらに、ポイントを友人に送ることも可能。

 

非常に画期的なポイントシステムなのだ。

 

 

Momentumはプライバシーの問題も解決する。

 

ポイントは決してタダでもらえるわけではなく、ポイントカードを店に提示すると、その利用データが中央に送信され蓄積されていく。

 

そして行動パターンや購買パターンから広告が配信される。

 

さらに、お店のマーケティングデータとして、店の利益のために我々の行動パターンを解析されている。

 

Momentumも同様にマーケティングを行うが、決定的な違いは中央が存在しないことだ。

 

Momentumは自動的にデータを収集し、我々に本当に役に立つ広告を配信する。

 

しかも、仮想通貨が持つ匿名性の高さから、個人を特定することは不可能だ。

 

ポイントが統合されることで、世界規模のデータが収集でき、加盟店も最適なマーケティングが可能。個人情報も漏れることはない。

 

しかも、ポイントを利用する私たちも、財布にたくさんのカードを入れて、ポイントを無駄にすることなくコツコツ貯めることが可能。

 

Momentumはこれまでのポイントカードの仕組みをがらりと変えるゲームチェンジャーになるとMは予想している。

 

課題としては、日本ではすでに楽天やドコモなどの大手企業がポイント市場を押さえていて、どれだけ食い込むことができるかどうかにかかっている。

 

Momentumは中央の管理者が存在しないので、加盟店は自主的に申し込む必要がありそうだが、トークンの価値が上がれば、普及も加速していくと考える。

 

Momentum開発者には、15年以上の営業経験を持つKees de Vos(CEO)、20年以上のリーダーシップの経験を持つEyal Oster(社長)、20年以上の経営権券を持つAriel Luedi(会長)が名を連ねる。

 

しかも、すでに世界では大手企業がMomentumとの提携を決めており、Mは非常に期待している。

 

ICOの参加はMomentum公式ページからメールアドレスを登録すると最新の情報が逐次配信される。

 

<<東証一部上場GMOコイン公式ページ>>

https://coin.z.com/


・主要通貨の購入可能

・スマホで登録完結

・銀行提携で即時入金



公式サイト

特徴

GMOコイン

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事