高騰する仮想通貨ネム(NEM)の特徴と今後の展開

高騰する仮想通貨NEM(ネム)の特徴と今後の展開

NEMとは

NEM,ネム,仮想通貨
NEM(ネム)は、ビットコインと同様に、ブロックチェーンを利用した仮想通貨です。

 

2015年3月31日に誕生したネムは、仮想通貨の中でも比較的新しい部類ですが、マイニングが不要であり、富を再分配するという、他の仮想通貨にはない特徴から価格が高騰しています。

 

果たしてNEMは今後普及するのか、そしてネムの特徴について紹介します。

ネムの詳細

ネムの通貨単位はXEM(ゼム)と呼ばれています。

 

発行枚数は約90億枚です。

 

ビットコインなど、他の仮想通貨は、マイニングによってコインを生み出すのに対し、ネムは初めから発行数量を開発関係者の1600人に均等に割り振ることからスタートしました。

 

ビットコインのシステムを維持するためには、膨大な計算を瞬時に解くことができる大規模なネットワークの集まりです。

 

マイニングは、コンピューターの計算能力が高いほど成功する確率が高くなるので、マイニング装置は年々巨大化し、今ではマイニングによって収益を得られるのはごく一部の人だけになってしまいました。

 

マイニングの仕組みがビットコインをシェア1位にまで押し上げた重要な要因ですが、それはデメリットでもあります。

 

ビットコインの維持には莫大な光熱費や土地、人件費が必要でした。

 

 

そこで、このデメリットを解消し、参加するすべての人に報酬が得られるようにしたのが、仮想通貨ネムという訳です。

富の再分配とは

少し詳しく見てみましょう。

 

次の絵は、ビットコインの仕組みを簡単に表したものです。

 

NEM,ネム,仮想通貨

 

黒く大きなコンピューターはビットコインのシステムを維持するためのマシンです。

 

これらのコンピューターがいわゆるマイナーと呼ばれるもので、世界中で行われる取引の計算を担っています。

 

もちろん、誰でもマイニングに参加することは出来ますが、ビットコインの仕組み上、マイナーの肥大化が進み、我々個人が参加するメリットが薄れています。

 

 

一方、NEMの場合はマイニングがありません。

 

収益は、我々が行う送金手数料がすべてです。

 

そして、NEMを使う人すべてに手数料が分配されるようになっており、分配の割合は送金の頻度が多い人に優先的に行われるようになっています。

 

ネムにおける富の再分配で画期的なのは、分配割合は送金金額ではなく、送金頻度に基づいているという点です。

 

何億、何十億というお金を送金しなても、わずか数百円の送金でも送金頻度にカウントされます。

 

 

よって、ネムの活用が最も適しているのは、銀行口座の個人間取引です。

 

現在の銀行振り込みは、銀行のコンピューターが一括処理で計算していました。

 

しかし、ネムを利用すれば、ATM同士が直接やり取りしたり、他の銀行間の送金もリアルタイムで実行することが可能になります。

 

また、取引回数が多い銀行がネムを導入すれば、富の再分配によって利益を出すことができます。

 

 

これらのメリットから、日本の大手銀行や、ヨーロッパの一部の銀行ではネムを使った送金の社会実験に取り組み始めています。

 

 

仮想通貨の中でも、富の再分配という、オリジナルな特徴を持つNEMの今後はますます期待されますね。

NEMをもっと詳しく

NEMはNxtという仮想通貨に影響を受け誕生した仮想通貨です。

 

Nxtは2013年に匿名の開発者が、株や商品の取引市場と金融機関を円滑に結び付ける目的で開発しました。

 

当初、NEMはNxtのコードフォークを利用する予定でしたが、NEM開発者の話し合いの末、完全独自なコードで開発することに決定します。

 

そして2014年6月に正式にネムがリリースされました。

 

 

NEMの通貨単位はXEM(ゼム)といい、総発行数は約90億XEMです。

 

ブロック発行の間隔は約60秒でビットコインの10分の1になっています。

 

NEMが目標とするところは、銀行内のインフラ仮想通貨として浸透することです。

 

銀行内における送金システムは、中央集権化されており、巨大なサーバーが個人の資産状況や送金状況を一括管理しています。

 

そのサーバーはまさに個人情報の塊であり、外部からの攻撃目標になるため、最高度のセキュリティを実施するために多くの予算を投じています。

 

そこでNEMのシステムを使ってミジンというブロックチェーンが開発されました。

 

ミジンは、銀行システムを安全に分散化し、低コストで銀行システムを運営することを可能にします。

 

ミジンは非常に期待されていて、日本最大の信託銀行である、SBI信託銀行によってテストを実施されました。

 

 

リップルが銀行間の送金システムを担う仮想通貨だとすると、NEMは銀行内における社内システムになろうとしています。

 

銀行の情報を巨大サーバーで一括管理するのではなく、ブロックチェーンによって安全にデータを分散化させることで、コストを削減し、安全性も高めるプロジェクトです。

 

NEMの価格は小さな上昇下降を繰り返しながら、着々と値を上げてきています。

 

今後、大手銀行のシステムに実際に取り入れられるかどうかで、展開が大きく変わりそうです。

 

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


NEM,ネム,仮想通貨


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で