高騰する仮想通貨Omniの特徴と今後について

高騰する仮想通貨Omniの特徴と今後について

仮想通貨Omniが高騰

Omni,オムニ,仮想通貨
仮想通貨Omni(オムニ)コインは、既に技術が成熟しているビットコイン2.0(次世代仮想通貨)に分類される仮想通貨です。

 

Omniの高騰はすさまじく、一時300%を超える高騰率をたたき出しました。

 

なぜ、最も歴史のあるオムニコインがここまで注目されるのでしょうか。

Omniの特徴

Omniはビットコインと同様のシステムに加え、通貨以外の情報を記録することができるよう設計されました。

 

よって、ビットコインと同様、高い匿名性と安全性、迅速な送金を実現しています。

 

そして、ビットコインと同じ仕組みであるため、技術者が参入しやすいなどの理由で開発が進んできました。

 

 

Omniの最大の特徴はクラウドファンディングです。

 

事業主が資金を調達したい場合にOmniを使い資金を調達します。

 

個人が事業に出資することを禁じている日本では、ソーシャルレンディングという個人レベルの投資会社が中間に入り、投資事業を行います。

 

しかし、中間マージンがかかるため、得られるリターンは少なくなり、出資を受ける側も金利が高いなどの問題がありました。

 

オムニコインなら、気軽に出資できると同時に、貸し倒れリスクが存在しません。

 

仮想通貨の最大の特徴は、「契約」を確実に実行することであり、集まった資金を持ち逃げすることは出来ないのです。

 

 

Omniのクラウドファンディングを使って資金調達したプロジェクトで有名なのが、クラウドのプロ仮想通貨MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)の特徴と今後でも紹介したMaidSafeCoinです。

 

MaidSafeCoinは、ドロップボックスなどに替わるクラウドや様々な企業向けプロジェクトを実行でいる仮想通貨となっており、Omniで出資を募り6億円の資金調達に成功しています。

 

夢があるプロジェクトを資金難のために実現できない実業家は無数にいるため、Omniが普及すれば、様々なサービスが生まれてくるはずです。

 

 

そして、最近このOmniの可能性が評価され、価格が高騰しているという訳です。

 

熟成したビットコインの技術を使い、最新のシステムを運用するOmniは、今後ますます注目されていくでしょう。

 

現在、オムニを購入できるのはポロニエックスです。

 

ポロニエックスへの送金は、日本のどの取引所からもできますが、リップルや他の仮想通貨でも送金できるのはコインチェックだけです。

 

ビットコインは価格の高騰で送金コストが上昇しており、送金に使う通貨を選べるのは魅力的ですね。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


Omni,オムニ,仮想通貨


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で