リップル(Ripple)高騰の理由と今後展開とは

リップル(Ripple)高騰の理由と今後展開とは

リップルが高値を連続更新

リップル,高騰,理由,今後
リップルの価格が高騰しています。

 

高騰を超えて暴騰ともいえる勢いで伸びています。

 

なぜこれほどまでにリップルが注目されるのでしょうか。

 

背景には、銀行の銀行である中央銀行、そして金融業界を取り巻く送金の変化が要因です。

 

詳しく見てみましょう。

銀行が抱える問題

銀行の役割は、通貨の輸送です。

 

各国の通貨として実際に価値を持つ物は紙幣だけです。

 

どういうことでしょうか。

 

 

私たちが銀行口座で送金を行うとき、通貨の価値は通帳に記載された金額やATMに表示される金額、いわゆる「数字」の移動だけを思い浮かべます。

 

例えば、あなたが日本からアメリカに送金する場合、あなたの通帳残高が減り、送金先の通帳残高が増えるだけです。

 

しかし、実際には、紙幣を海外へ輸送しなくてはいけません。

 

通貨の価値は紙幣だけが持っているためです。

 

銀行は、私たちの送金や振込を手軽に行えるように、紙幣の輸送を代行しており、通帳やATMの数字の増減とともに、送金の裏側では実在する紙幣の移動が行われています。

 

この時に行われる紙幣の輸送料金が振込手数料や送金手数料なのです。

 

 

この輸送をリアルタイムで行うことは非常に効率が悪くなります。

 

例えば、一方に、日本からアメリカに100万円送金したい人がいます。

 

もう一方にアメリカから日本に100万円送金したい人がいます。

 

この場合、100万円を積んだアメリカ行きの飛行機と、100万円を積んだ日本行きの飛行機がすれ違うことは輸送費の無駄ですよね。

 

相殺すれば紙幣の輸送は0で済みます。

 

 

中央銀行や銀行連合は、最小限の送料で現金を輸送できるよう調整することです。

 

ただし、送金と入金を完全に相殺することは出来ないため、必ず現金の輸送が発生します。

 

 

海外送金の手数料が3000円〜5000円と高額で、時間がかかるのはこのためです。

 

現在の送金システムは、時代遅れの非効率な仕組みになっているのです。

 

 

このシステムに革命を起こしたのが、仮想通貨ビットコインという訳です。

送金革命とリップルの可能性

仮想通貨は現物の通貨を輸送する必要が無い、最新の決済システムです。

 

最初に誕生した仮想通貨ビットコインは、個人間の送金を銀行を通すことなく、リアルタイムに通貨の送金を可能にしました。

 

しかし、ビットコインにも弱点があります。

 

それは決済スピードです。

 

個人間の取引であれば全く問題ありませんが、銀行間の送金においてはビットコインの決済速度は問題になります。

 

 

この問題を解決するのが、高騰するリップルという訳です。

 

リップルは、決済速度を飛躍的に向上させ、銀行の決済システムに導入しやすいようにカスタマイズされています。

 

そしてリップルの開発にグーグルが全面的に支援しています。

 

 

ここ最近のリップル高騰は、大手銀行や中央銀行にリップルが採用され、社会実験にも取り入れられることが理由になっているのです。

 

日本国内では、みずほ、りそなの大手銀行、そして中小銀行が共同で立ち上げた連合が、RC Cloudというクラウド決済システムにリップルを導入すると発表しました。

 

また、イギリスの中央銀行であるイングランド銀行が、世界中を巻き込んだ即時決済システムの構築に、リップルを採用することを決定しています。

 

他にも、スペインの大手銀行であるBBVAが、スペインーメキシコ間の送金にリップルを既に利用していると報告しています。

 

 

まとめると、リップルの高騰の理由は、既に銀行間の送金に利用され始めている点、そして、バックにグーグルが絡んでいるという2つの大きな要因があるのです。

 

そして、私たちが投資するリップルコインが、リップルの送金システムの潤滑油になっているという訳です。

 

 

現在、リップルの価値は、ビットコイン、イーサリアムに次ぐ3位にまで浮上、さらにイーサリアムも超えて、2位にも浮上しています。

 

高騰のスピードは圧倒的なため、今後イーサリアムやビットコインの時価総額を超えることも十分に考えられます。

 

仮想通貨への投資家は、現在、ごく一部の理解者だけです。

 

日本でも取引所の充実で、投資家が増え続けており、今後の可能性に投資してみる一つのタイミングかもしれません。

 

投資するなら、最多の仮想通貨の取り扱うコインチェックをぜひ試してみてください。

リップルをもっと詳しく

リップルは送金、為替を専門とする仮想通貨です。

 

2004年にカナダで開発され、コンセンサス・レジャーとリップルの通貨単位であるXRPが統合されました。

 

総発行数は1000億XRPとなっており、ビットコインの2100万枚の約4800倍の枚数が発行されています。

 

最も有名なのが、国境を越えた銀行間の送金で、しかも為替の両替が必要な送金に威力を発揮します。

 

 

現在、主要通貨であるドル、円、ユーロ、オーストラリアドルなどは、為替取引所で積極的に取引されています。

 

一方、タイのバーツなどのマイナー通貨は、両替の際に高額な手数料が必要です。

 

リップルは、各国のマイナー通貨と自由に両替交換が可能になっており、マイナー通貨同士の取引や、マイナー通貨と主要通貨間の取引の間に入ることで、円滑な送金や両替を可能とするよう設計されています。

 

もっと分かりやすく説明すると、例えば日本とタイのバーツを交換する方法が無いと仮定します。

 

一方リップルは日本円と交換可能で、バーツとリップルも交換可能です。

 

円をタイに送金しバーツを用意したい場合、円をリップルに両替し、送金したのち現地でリップルをバーツに両替することができます。

 

リップルは、いかなるマイナー通貨とも両替可能になることを目指しており、世界中の通貨と通貨の橋渡しになる、いわゆるブリッジ通貨の地位を目指しています。

 

よって、リップルの通貨単位であるXRPは重要視されていません。

 

正確には、XRPにマネーが流れることで送金が円滑になりますが、XRPの価格高騰がリップルの普及と直接関係することはありません。

 

 

リップルは他の仮想通貨と同様、利用するにはウォレットを開設する必要があります。

 

他の仮想通貨と異なる点は、リップルのウォレットを有効にするためには、20XRPが必要で、初回の入金時に初めてウォレットがアクティブになります。

 

 

先に説明した、ブリッジ通貨の役割を成すために、リップルはゲートウェイの仕組みを導入しています。

 

各国の主要通貨と1対1で交換できるその国独自の仮想通貨をゲートウェイで購入し、その仮想通貨でXRPを売買します。

 

例えば、日本のリップルは円をゲートウェイでJPYに両替します。

 

この時のレートは1円=1JPYに固定されています。

 

そして、両替したJPYに対して変動するXRPを購入します。

 

このゲートウェイを通して購入する固定相場の仮想通貨こそがリップルの本質であり、ブリッジ通貨としての役割を果たす重要なシステムです。

 

 

リップルの送金システムは2016年後半になり、急速に普及し始めました。

 

日本で最も有名なのが、この記事で紹介している銀行連合のリップル採用です。

 

他にも数えきれないほどリップルのシステム導入が実現しています。

 

そのスピードは驚異的であり、おそらく近い将来、国境を超える送金のシステムは、ほぼすべてリップルが採用されると思われます。

 

それほどリップルは革新的な技術なのです。

 

 

世界には190近い国家があり、各国が独自の通貨を発行しています。

 

しかし、グローバル化によって狭くなった地球で、190の通貨を使い分けるのは不便で、時代遅れとなりました。

 

ビットコインは、百数十種類ある通貨をまとめ上げ、世界共通の通貨を目指すプロジェクトです。

 

対するリップルは、既存の通貨をそのまま残し、すべての通貨のブリッジ通貨になるプロジェクトです。

 

 

この二つの通貨は相反するものではありません。

 

ビットコインが普及すればリップルが衰退し、その逆もあるということではありません。

 

リップルがブリッジする通貨にはビットコインも含まれており、仮想通貨と既存通貨の橋渡しの役割も果たします。

 

 

ビットコインが世界共通の通貨となったとき、既存通貨とビットコインのブリッジ通貨としてリップルが役に立つという訳です。

 

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


リップル,高騰,理由,今後


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で