仮想通貨Stratisの高騰理由と今後の大いなる可能性

仮想通貨Stratisの高騰理由と今後の大いなる可能性

高騰する仮想通貨Stratis(ストラティス)

Stratis,仮想通貨,ストラティス
Stratis(ストラティス)という仮想通貨は日本人にとって馴染みが無いかもしれません。

 

しかし、アメリカを中心に、仮想通貨市場で上位に位置し、世界的に注目度の高い仮想通貨です。

 

Stratisの特徴と今後の可能性の詳細をお伝えします。

Stratisとは

Stratis(ストラティス)を一言で言うならば、ブロックチェーンを簡単に構築するための仮想通貨です。

 

Stratis自体、ブロックチェーンで構築されていますが、プログラマーがなじみやすい言語で設計できるようになっています。

 

通常、企業が雇うプログラマーは、C言語には精通していますが、ブロックチェーンに詳しい技術者はごく少数です。

 

ネットワークが最も進むアメリカでさえ、ブロックチェーンに詳しい技術者は少なく、日本では皆無といっても言い過ぎではないほどです。

 

 

そこでStratis(ストラティス)が登場しました。ブロックチェーンの構築を、C言語でプログラミングすることで、一気に企業レベルまでブロックチェーンを広めようというプロジェクトです。

 

C言語を扱うプログラマーは、数千万人おり、そのうちの200万人の会員を誇るグループとStratis(ストラティス)は親密な関係を気づきました。

 

 

現在、他の仮想通貨すべてにいえることは、技術者の不足です。

 

仮想通貨ごとに設計言語が異なり、仮想通貨市場の中で共食いしているような状況です。

 

Stratis(ストラティス)はC言語エンジニアと取り込むことで急速に発展しようとしているのです。

急速に発展するStratis(ストラティス)

Stratis(ストラティス)の発展速度は驚異的です。

 

誕生間もなく、世界最大の取引所ポロニエックスに上場を果たし、大手取引所BittrexやBittyliciousにも上場しています。

 

さらに、誰もが知るマイクロソフトと提携。マイクロソフトの中でも、大手企業のシステムを専門とする、Microsoft Azureとともに、Stratis Development Platformを提供。企業が簡単にブロックチェーンを導入できるようになります。

 

またStratis(ストラティス)が提供するCloud Stratisによって、ビットコイン・イーサリアム・ビットシェアのブロックチェーンをStratis(ストラティス)に取り込むことも可能です。

 

そして、これら複雑なシステムの構築は、Stratis(ストラティス)のクラウドがパッケージ化するので、気軽にシステムを導入できるという訳です。

 

要するに、社内ネットワークにブロックチェーンを導入するために、わざわざ専門のエンジニアを雇う必要なく、マイクロソフトにお願いすれば導入できるということです。

 

ちなみに、提携企業は以下の通り。すごいメンバーですね。
Stratis,仮想通貨,ストラティス

 

 

少しややこしいのでまとめます。

 

Stratis(ストラティス)は、SDFとnStratisというアルゴリズムを使い、C言語でブロックチェーンを構築できます。

 

また、Cloud Stratisによって、コピー機を導入する感覚でブロックチェーンを導入できます。

 

このStratis(ストラティス)は、運用の潤滑油として、仮想通貨STRATを発行し、取引所と提携しているという訳です。

 

 

Stratis(ストラティス)の伸び率は他の仮想通貨を圧倒しており、Liskと同様、マイクロソフトの主要プロジェクトの一つになっています。

 

今後の発展が確実なのではないでしょうか。

 

マイクロソフトが支援する仮想通貨Liskはコインチェックなら日本円で直接取引可能、また、Stratis(ストラティス)は世界最大のポロニエックスにコインチェックから送金して取引できます。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


Stratis,仮想通貨,ストラティス


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事