ビットコインの弱点とは

ビットコインの弱点とは

ビットコインの弱点

ビットコインは、今までの通貨を変える概念で誕生しました。

 

その画期的アイデアは元より、不正不可能な仕組み、完璧な匿名性を実現しました。

 

ビットコインに弱点はあるのでしょうか。

最大の弱点は開かれた匿名性

ビットコインの匿名性は完璧です。

 

ウォレットに割り振られるアドレスはランダムであり、アドレスの生成と同時に開錠コードが与えられます。

 

ウォレットアドレスを保存する場所は、どこでも可能で、頭の中に記憶しておいても問題ありません。

 

ウォレットアドレスと個人情報は紐ついておらず、アドレス間のコインの移動を把握できても個人を特定することは絶対に不可能です。

 

 

しかし、最近になり、この匿名性にブレーキをかけるべく、国が動き始めました。

 

ビットコインと現金をつなぐ、いわゆる出入り口を国が把握し始めています。

 

現金をビットコインに両替するには、ウォレットでは不可能であり、必ず両替所を通す必要があります。

 

この両替所を許可制にし、口座開設者に身分証明書の提出を義務付けました。

 

 

取引所のビットコインアドレスは、固定されており、個人情報と紐ついています。

 

よって、ここを押さえることで、現金の出入り口をすべて管理可能にしました。

 

この動きは全世界に広がっており、すべての出入り口がマークされつつあります。

 

 

さらに、一部の取引所では、ビットコインの送金履歴を監査者に提出しているところもあります。

 

個人情報が紐ついた取引所同士の取引は、ビットコインの流れをすべて把握可能になるということです。

 

 

もし、それを嫌うなら、個人情報が紐ついていないウォレットを経由すればOK。

 

一度経由すれば、送金、入金をたどることは不可能になります。

 

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


ビットコイン,弱点


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で