【注目のICO】World Wi-Fi | 仮想通貨の新規巨大プロジェクト

【注目のICO】World Wi-Fi | 仮想通貨の新規巨大プロジェクト

有料WiFiは便利ですか?

World,WiFi,ICO,仮想通貨
コンビニ、ショッピングモールなど、日本中いたるところにWiFiスポットがあります。

 

でも多くWiFi有料で会員制になっています。

 

今まさに使いたいのに登録の手間や費用がかかり、WiFiの利用をあきらめる人が多くいます。

 

たとえ無料のWiFiでもセキュリティの不安がありますよね。

 

World Wi-Fiプロジェクトは、世界中のWiFiを無料で開放できる可能性を秘めた、仮想通貨の巨大プロジェクトです。

 

プロジェクトの一環として、公式ページのhttp://jp.worldwifi.io/にてICOを実施しています。同じ期間中でもプレセール中は毎日価格がが上がるため、一日でも早く購入した方が安く買えます。

 

今回はWorld Wi-Fiプロジェクトを詳しく紹介します。

 

World Wi-Fiトークンとは

World Wi-Fiトークンとは、世界中のWi-Fiを無料で開放する画期的なプロジェクトの根幹です。

 

Wi-Fiは、ドコモ回線やソフトバンク回線とは異なり、家庭や空港、コンビニ規模の建物内で利用できるインターネット網です。

 

町中あらゆる場所にWi-Fiが設置されていますが、その9割近くは有料制になっていて、利用している人はごく一部だけです。

 

試しに、スマホのWi-Fiをオンにすと分かりますが、たくさんのWi-Fiがヒットしてもパスワードが必要です。

 

Wi-Fiの機器は町中、世界中に設置されていますが、ごく一部の有料会員のみ利用しているのが現状で、台数のわりに会員数が少ないことが月額料金の高さの原因になっています。

 

World Wi-FiプロジェクトはこれらのWi-Fiを無料で開放し、代わりに利用者に短い広告を見てもらうという仕組みを開発中です。

 

詳しく見てみましょう。

 

利用者

World Wi-Fiが無料で利用できます。接続の際に短い広告を見るだけです。

 

Wi-Fi機器所有者

World Wi-Fiが提供するソフトをWi-Fi機器にインストールするだけです。

 

Wi-Fiを無料で開放する代わりに、利用者が見た広告収入を得ることができます。

 

支払いは広告再生回数に応じて支払われます。

 

こんな感じです。

 

要するに、Wi-Fiを会員制にするのではなく、広告収入制にすることで多くの人にWi-Fiを利用してもらおうというプロジェクトです。

 

World Wi-Fiの凄いところは、個人でもWi-Fiを開放し広告収入を得ることができるということです。

 

例えば、自分の家にWi-Fi設置して、無料開放し、同じマンションに住む人が、そのWi-Fiを利用すると広告収入を得ることができます。

 

これは結構画期的で、たとえば、平日の昼間など、ほとんどWi-Fiを利用しない時間帯の「空き」を収入に変えることができるのです。

 

Wi-Fiの無料開放は画期的なアイデアですが、問題はセキュリティでした。

 

他人が自分のWi-Fiにアクセスすると、情報流出などの問題があり、なかなか実現しなかったのです。

 

この問題を解決したのが、ブロックチェーンであり、仮想通貨であり、World Wi-Fiトークンというわけです。

 

ブロックチェーンを利用することで、Wi-Fiのセキュリティ問題を解決でき、安全に使わないWi-Fiを開放するのです。

 

 

Wi-Fi機器を持っている人が得られる収入は、執筆時点で再生10回あたり約40円ほどとなっていて、一日10回接続、一か月に300回接続されれば1200円の収入を得られます。

 

年間にすると14400円なので、1年で機器代金をペイできてしまうほどですね。

 

Wi-Fiを開放して得られた広告収入は、World Wi-Fiトークンで支払われます。

 

World Wi-Fiトークンは2018年7月ごろ大手取引所の上場を予定しており、トークンを現金に両替することが可能になります。

 

トークン単位はWTで、ICOセール中は1WT0.100ドルからスタート、以下のように1日に0.001ドルずつ上がっていきます。

 

World,WiFi,ICO,仮想通貨

 

ではどのようにICOに参加すれば良いでしょうか。

ICO参加方法

まずはワールドWiFi公式ページにアクセスします。

 

丸のRegisterをクリックします。
World,WiFi,ICO,仮想通貨

 

 

メールアドレス、パスワード、国を入力し、あとは決定ボタンを押すだけで簡単に登録できます。
World,WiFi,ICO,仮想通貨

 

 

後は、自分専用の入金アドレスが表示されるので、このアドレスにビットコインかイーサリアムを入金するだけです。
World,WiFi,ICO,仮想通貨

 

日に日に価格が上がっていき、5月中旬にはプレセールが終了するので、早めの購入をおすすめします。

 

まずは登録してみてください。

 

ちなみに世界プロジェクトのWorld Wi-Fiは日本への進出も予定されているそうです。

 

ワールドWi-Fiの公式ページ ⇒ http://jp.worldwifi.io/

 

<<東証一部上場GMOコイン公式ページ>>

https://coin.z.com/


・主要通貨の購入可能

・スマホで登録完結

・銀行提携で即時入金



公式サイト

特徴

GMOコイン

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事