仮想通貨Zcashが高騰する理由とその特徴

仮想通貨Zcashが高騰する理由とその特徴

最強の暗号通貨

Zcash,特徴
Zcashが高騰しています。

 

ビットコインに比べ、匿名性が非常に高いといわれているZcashの特徴と今後を紹介します。

ビットコインと同じ種類

Zcashはビットコインと同様、決済に特化した仮想通貨です。

 

海外送金や通販の際にお金のやり取りを便利にする専門の仮想通貨として誕生しました。

 

上限量は2100万枚と、ビットコインと同じ枚数に設定されています。

 

マイニングによって、徐々に上限量に近づいていきますが、すべてマイニングされるまでに131年ほどかかる見込みで、インフレ率が非常に低い仮想通貨といわれています。

 

ビットコインの2.5倍である、4分で1つのブロックが生成され、迅速な送金が可能です。

 

 

Zcashの最大の特徴は匿名性の高さです。

 

ビットコインは、送金者と受信者のアドレスを後悔する一方、アドレスと個人情報を紐つけないことで、高い匿名性と透明性を実現しました。

 

しかし、取引所に開設するウォレットは、アドレスと個人情報が結びついているため、透明性があだとなり、個人の特定が可能になります。

 

もし、ビットコインの送金で、アドレス間の取引を匿名かしたい場合は、CoinJoinなどに参加し、一旦「プール」にビットコインを送金するなど、ひと手間かかる設計になっています。

 

一方、Zcashは非対話ゼロ知識証明を暗号に取り入れたことです。

 

非対話ゼロ知識証明とは、その名の通り、証明する側と検証する側双方が共通の暗号鍵無しで、暗号化できる技術です。

 

要するに、相手のアドレスを特定することなく、コインを受信できるため、送金元アドレスが漏れることが無いのです。

 

 

Moneroなど、最強の匿名性を持つ仮想通貨がありますが、そのほとんどは、基本設計がビットコインと同じです。

 

ただし、送金者と受信者がわからないようにするために、「プール」を利用したり、ダミー送金などを行うことで匿名性を高めています。

 

Zcashは、基本設計そのものを変更し、匿名性を高めた、完全オリジナルな仮想通貨なのです。

 

 

Zcashの凄いところは、匿名性と透明性を両立させた点です。

 

コインの送金を完全に匿名化すると、参加者が互いに監視するというブロックチェーンの仕組みが成り立ちません。

 

他方、参加者が監視し合うことで匿名性が犠牲になる側面もあり、ビットコインは常に匿名性と透明性で議論されています。

 

匿名性と透明性を両立させてしまったZcashは、安全に、確実に、そして匿名的に送金できる決済通貨ということで、

 

特にここ最近では注目されている仮想通貨なのです。

 

 

Zcashを手に入れるには、当初海外の取引所ポロニエックスしかありませんでした。

 

しかし、コインチェックがZcashの取り扱いを開始したことで、日本でも気軽に両替、購入できる仮想通貨になりました。

 

気になる方は一度覗いてみてください。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


Zcash,特徴


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で