BINANCE(バイナンス)-アジア系仮想通貨に必須の取引所

BINANCE(バイナンス)-アジア系仮想通貨に必須の取引所

バイナンス(BINANCE)とは

binance,バイナンス,仮想通貨,取引所
200種類を超える仮想通貨に取引できるバイナンス(BINANCE)は、アジア屈指の仮想通貨取引所となっています。

 

香港に拠点を置き、アジアや中国が開発する仮想通貨において圧倒的シェアを持つバイナンスは、必ず開設しておきたい取引所となっています。

 

また、仮想通貨の売買は、売買額が大きな取引所で行うことが鉄則です。

 

なぜバイナンスなのか、そして、なぜ売買額が重要なのか、詳しく紹介します。

中国系仮想通貨が強い

少し前までは、仮想通貨はアメリカやヨーロッパが開発したものがほとんどでした。

 

イーサリアム、リップル、ライトコインなど、主要な仮想通貨はほぼアメリカが開発しています。

 

しかし、最近になり事情が大きく変わってきています。

 

アメリカの開発状況は相変わらず強いですが、中国が開発する仮想通貨が、ランキング上位を占めるようになっています。

 

ご存知の通り、中国は世界2位の経済大国であり、すでにその規模はアメリカの約半分、日本の3倍までに成長しています。

 

科学、医療、ITなどの開発分野では、圧倒的スピードで日本を凌駕しています。

 

仮想通貨分野でも同様で、ブロックチェーンを基に、さまざまな仮想通貨を開発するのが中国という訳です。

 

中国が開発する仮想通貨で、今最も注目される仮想通貨はTRON(トロン)です。

TRON(トロン)とは

TRON(トロン)はYouTubeと似た、動画や画像、様々なデータの共有を目指す、最新の仮想通貨です。

 

YouTubeは、巨大なデータセンターに動画を保存し、そのサーバーにアクセスすることで動画を配信していますが、TRON(トロン)は、世界中のハードディスクにデータを分散させます。

 

メリットは、政府による検閲を防ぐことや、気軽にデータを共有できることになります。

 

中国大手動画共有サービスとの提携や、今後様々な企業との提携が予定されており、1か月足らずで40倍という勢いを見せました。
binance,バイナンス,仮想通貨,取引所

 

トロンの詳細は仮想通貨TRON(トロン)とは-世界から注目される次世代YouTubeでも紹介しています。

 

では、TRON(トロン)を購入するにはどこの取引所を利用すればよいでしょうか。

 

結論から述べると、バイナンスです。

 

仮想通貨取引の鉄則は、取引金額の大きな取引所で行うことが鉄則です。

 

例えば、トロンはアメリカの取引所YoBitでも取扱いがありますが、トロンの取引量はバイナンスの100分の1以下です。

 

取引量が少ないと、買いたいときに買えない、売りたいときに売れないのです。

 

ビットコインを最も安く買う方法|取引所でこんなに値段が違うの前半に紹介していますが、仮想通貨の売買は、買いたい人と売りたい人の価格が一致しないと注文は成立しません。

 

よって、買いたくても売りたい人がいないと買えないのです。

 

仮想通貨取引は、取引量が大きい取引所で行うことが鉄則なのです。

 

バイナンスでは、200種類を超える仮想通貨を扱っていますが、口座開設の目的は2つです。

バイナンスで取引する仮想通貨

バイナンスの登録目的は、1つ目、TRON(トロン)とNEO(ネオ)の売買。

 

この二つは、世界的にも上位にランキングされる仮想通貨で、現在も開発が進み、未来のロードマップが明確です。

 

2つの仮想通貨は、バイナンスが圧倒的なシェアを持っており、「買いたいときに買えて、売りたいときに売れる」取引所なのです。

 

2つ目は、中国系仮想通貨に強いということです。むしろ、中国系仮想通貨を買うならバイナンス一択になります。

 

ランキング500位以下の、マイナーな中国系仮想通貨の取り扱いが非常に豊富で、バイナンスしか取引できない仮想通貨が多々あるので、マイナー通貨への投資を始めた人は、バイナンスには必ず登録したほうが良いです。

 

登録は簡単で、メールアドレスとパスワードだけで完了します。

 

本人認証なしで、1日2BTCまで送金可能。1日当たりの上限なので、例えば一週間で14BTC送金できます。

 

とても便利ですね。

 

世界で最も成長している中国系仮想通貨への投資を始めてみてはいかがでしょうか。

 

バイナンス公式ホームページ
https://www.binance.com/

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


binance,バイナンス,仮想通貨,取引所


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事