ビットコインとはをわかりやすく説明すると

ビットコインとはをわかりやすく説明すると

実は簡単なビットコイン

ビットコインとは,わかりやすく
ビットコインとはそもそも何なのでしょうか。

 

ビットコインを理解するのに、ブロックチェーン、台帳、ウォレット、マイニング、ハッシュ。そんな専門用語はいりません。開発者ではないのだから。

 

結論から述べましょう。ビットコインとは、どんなお店や通販でも使える世界共通通貨です。

 

バイマで高いお金を払って日本未発売品を買う必要もありません。

 

オーストラリアの通貨ってなんだっけ?スイスでドルは使えるの?なんて考える必要もありません。

 

今までの概念は捨ててください。イメージも忘れてください。

 

ビットコインを超わかりやすく、しかも詳細にお伝えします。

 

単なる通貨、ビットコイン

ビットコインを一言でいうならば、通貨です。それ以上でもそれ以下でもありません。

 

では、なぜ単なる通貨がこれほど注目されているのでしょうか。

 

従来の通貨は、必ず管理者がいて、常に流れを管理者が把握しています。

 

要するに、国が通貨を発行し、国が調べれば、お金の流れから個人まで特定することができます。

 

銀行の送金履歴は長期間保管されており、国が調べれば、どこからどこに送金したのか調査できます。

 

レジで現金を払ったり、個人同士の現金の受け渡しも調べようと思えば調べることができます。

 

紙幣には、通し番号が入っているためです。

 

裏組織が現金をマネーロンダリングで浄化使用するのはこのためです。

 

 

一方、ビットコインには管理者が存在しません。

 

ビットコインを発行する会社はなく、また、流れを把握する組織も存在しません。

 

ここで一つの疑問が浮かびます。

 

管理者が存在しないのに、ビットコインはなぜ価値があり安全なのか。

 

この仕組みが画期的であるため、ビットコインが決済革命と呼ばれ、流通量が10兆円に迫る勢いで高騰しているのです。

 

なぜビットコインは発行会社がないのに、価値があるのでしょうか。

 

理由は2つあります。

 

一つは、発行量に上限があり、今後発行量が増えることがないためです。

 

ビットコインの総発行量は2100万枚と決められており、例外なくこの上限量は変わりません。

 

貴金属やダイヤモンドと同じで、上限量が決まっているため、欲しい人がいればいるほど価値が上がる。

 

これがビットコインに価値がある一つの理由です。

 

また、ビットコインは、金やダイヤモンドと同じように、手に入れるためにはそれなりの労力が必要です。

 

鉱山を大規模に採掘して、お金をかけて金やダイヤモンドを採掘するのと同様に、ビットコインは、パソコンの計算能力を利用して、ビットコインを生み出します。

 

ビットコインとは,わかりやすく

 

ビットコインをたくさん手に入れるためには、計算能力の高いパソコンを手に入れ、さらに計算のために電気代が必要です。

 

ビットコインを生み出す作業が、金やダイヤモンドの採掘と非常に似ているため、この作業を採掘、英語でマイニングと呼ばれています。

 

一昔前までは、ビットコインはたくさん埋まっていましたが、すでに2100万枚のビットコインのうち、1700万枚近くのビットコインが採掘されたので、採掘の難易度が高くなっています。

 

言い換えれば、残り400万枚のビットコインを、莫大なお金をかけて採掘する人がいるほど、価値が上がっているということです。

 

 

ビットコインに価値があるもう一つの理由は、安全性です。

 

今までの通貨は、先ほど紹介したように、国が管理することで安全性を高め、価値を維持していました。

 

ただ、国がお金の流れを完全に把握し、また、偽札や不正取引の問題が後を絶たないため、ビットコインを信頼する人が増えてきているということです。

 

ビットコインは誕生から今日現在まで、一度も不正されたことはありません。

 

また、管理者がいないので、お金の流れを把握される心配もありません。

 

では、管理者がいないのに、なぜビットコインは安全なのでしょうか。

 

ビットコインはお金の流れを管理する会社がない代わりに、ビットコインを利用する全員がお金の流れを管理、監視しています。

 

ビットコインには家計簿のような台帳があり、台帳は世界中のパソコンにコピーされ保管されています。

 

勝手に台帳を書き換えても、世界中の台帳と照らし合わせるため、すぐに不正な取引が発覚します。

 

よって、世界中の台帳を同時に書き換えない限り、不正が行われることはなく、また、一斉に書き換えることは物理的に不可能なので不正ができないというわけです。

 

ここで一つ心配事があります。

 

ビットコインの取引履歴が誰でも閲覧できるなら、個人情報が漏れてしまうのではないかと。

 

実は、ビットコインの台帳に載っている情報は、ビットコインの口座番号だけです。

 

あるビットコイン口座からあるビットコイン口座に、1BTC送金されたということだけが記載され、口座の持ち主、要するに個人情報は台帳に記載されていません。

 

よって、台帳を覗いても、だれがだれに送金したかを知ることはできないのです。

 

これがビットコインの革命です。

 

送金の履歴を皆が共有し、監視しつつも個人情報が漏れることはない。この仕組みがビットコインそのものというわけです。

 

では、ビットコインを利用するためにはどうすればよいのでしょうか。

 

ビットコインは現金と同じ

難しいことは一切ありません。

 

ビットコインは通貨です。

 

ビットコインを使うには、現金と同じように、財布があればOKです。

 

財布にはいろいろな種類があり、パソコンにインストールするタイプや、スマホのアプリ、専用の財布端末などがあります。

 

一番簡単で便利なのが、ビットフライヤーというサイトを利用することです。

 

ビットフライヤーに財布を作り、そこでビットコインを保管したり、支払いに利用することもできます。

 

また、ビットフライヤーでビットコインを買うこともできます。

まとめ ビットコインをわかりやすく

ビットコインを理解しようと、グーグルで検索しても、専門用語のオンパレード。勉強すればするほどややこしくなってしまいますよね。

 

なぜビットコインは難しいと思ってしまうのでしょうか。

 

それは、誕生間もないといういう理由以外の何物でもありません。

 

ビットコインは一言で説明できます。

 

ビットコインとは通貨、それも世界共通通貨です。

 

普段私たちが円を使っていて、詳しい原理やお金の流れを把握する必要がないのと同様、ビットコインも通貨として理解すれば、必要な知識は最小限で大丈夫です。

 

今後数年で、現金とまったく同じ感覚で利用できるようになるビットコインを、実際に使ってみてはいかがでしょうか。

 

ビットコインの購入や利用はビットフライヤーで簡単です。もちろん、ビットフライヤーは安全・安心なので、初めてビットコインを手に入れる人は詳細を確認してみてください。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


ビットコインとは,わかりやすく


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事