bitcoincash | ビットコインキャッシュの今後と特徴について

bitcoincash | ビットコインキャッシュの今後と特徴について

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュ
ビットコインキャッシュを一言でいうならば、ビットコインの弱点を修正し、アップデートした仮想通貨のことです。

 

ビットコインに参加するメンバーが、ビットコインの弱点に嫌気がさし、規格を変更することでより便利な仮想通貨を実現したシステムです。
しかし、ビットコインキャッシュとビットコインの違いがイメージしづらいことは言うまでもありません。

 

ビットコインキャッシュの特徴と、ビットコインキャッシュとビットコインの違い、そしてビットコインキャッシュの今後について詳しく紹介します。

ビットコインキャッシュの仕組み

ビットコインキャッシュはビットコインとほぼ同じ原理で動いています。

 

ビットコインをマイニングする参加者たちが、ビットコインのブロック採掘に成功すると、一時的に採掘した人がそのブロックの独占者になります。

 

ちなみに記事執筆時点の1ブロックの価値は12.5ビットコインとなっています。

 

太郎が花子に1ビットコインを送金しようとすると、採掘したブロックをチェーンに追加する必要があります。

 

ブロックをチェーンに追加する手数料として、ブロックの独占者は太郎に手数料を請求することができます。

 

もし、太郎が花子に急いで送金したい場合、より高い手数料を払えば優先的にブロックを追加してもらうことができ、迅速な取引が可能になります。

 

逆に手数料を安くしたい場合、優先順位が低くなり、送金スピードが遅くなります。

 

現在、コインチェックなどの取引所では、送金が迅速に行われるように、高めの手数料を設定し、独占者にブロックを追加してもらっています。

 

取引所以外にマイセリアムなどのウォレットを使っている人ならご存知ですが、独占者に支払う手数料は自由に設定でき、高い手数料ほど早く送金できることに気づくはずです。

 

このように、採掘者がブロックを採掘し、チェーンにブロックをつないでいくという作業は、ビットコインもビットコインキャッシュも全く同じ仕組みになっています。

 

ビットコインが有名になるにつれ、新たな問題が起こります。

 

それがサイズ問題です。

ビットコインはブロックサイズが小さい

ブロックを採掘した独占者は、ビットコインの取引情報をブロックに書き込み、チェーンにつなげることで報酬を得ています。

 

ビットコイン開発者は、スパムなどの問題に対処するために1ブロックのサイズを1MBに制限しましたが、容量が小さいために、1ブロックに書き込む取引情報がすぐに満杯になってしまいます。

 

ブロックが満杯になっても、1ブロックが生成される間隔は10分であるため、手数料を安くしたい人は後回しにされ、次のブロックが生成されるまで順番待ちする必要があります。

 

手数料が高いほど、優先順位が高くなるため、早く取引したい人達が増えていき、どんどん手数料が高額になっていきます。

 

このように、1ブロックの容量が小さいために、ブロックに取引情報を載せてほしい人たちが殺到し、取引手数料が高額になる問題が発生しました。

 

そして、手数料を安くしたい人たちは、待てど暮らせど送金が実行されない、遅延問題にも直面することになります。

 

この問題を解決しようと、ビットコインがアップデートされた仮想通貨がビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュ高騰の理由

ブロックサイズを拡張したビットコインキャッシュは、反対派が多数います。

 

ブロックサイズを拡張すれば、取引が簡単に挿入され、手数料が大幅に低下します。

 

手数料の低下は、採掘者が離脱する可能性があり、ビットコインそのものが崩壊してしまうというのが、反対派の意見です。

 

ただ、最近になり、この構図が見直されています。

 

ブロックサイズが大きくなるというこは、1つのブロックにより沢山の取引を挿入することができるのです。

 

よって、1取引の単価を下げる代わりに、取引数を増やして独占者が利益を得るという考え方が増加しました。

 

これが、最近のビットコインキャッシュ高騰の理由です。

 

さらに、ブロックサイズが増え、取引が迅速になることで、ビットコインキャッシュを利用する人が増えることで、独占者のさらなる報酬増加が現実になってきました。

改めてビットコインキャッシュとは まとめ

ビットコインキャッシュの最大の特徴はブロックサイズです。

 

そのサイズは8MBとなっており、ビットコインよりも多くの取引を同時に処理できる能力があります。

 

現在問題になりつつある、ビットコイン送金手数料の高騰と、取引遅延を解消できます。

 

取引が迅速になることによる、取引手数料低下から、採掘者が離れていくことが最大の懸念でしたが、手数料の安さとスピードの魅力から、ビットコインキャッシュを利用する人が増え、従来のビットコイン以上の報酬を、独占者が得られる可能性が出てきています。

 

では、ビットコインキャッシュがビットコインを追い越し、世界シェア1位の通貨になるのでしょうか。

 

ビットコインキャッシュの今後は誰にも予測することはできません。

 

なぜなら、ビットコインやビットコインキャッシュを利用する私たち、そして採掘者がその将来を決めるからです。

 

ビットコインキャッシュの高騰は、我々の評価をそのまま反映し、世界共通通貨を作り上げるのも、まさに我々であるということです。

 

ビットコインキャッシュを円でそのまま買うならビットコイン取引高日本一のコインチェック

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


ビットコインキャッシュ


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で