中国のビットコイン規制がプラスに働く可能性

中国のビットコイン規制がプラスに働く可能性

ビットコイン禁止のと仮想通貨の今後

中国,ビットコイン,禁止,規制
中国はビットコインの取引を全面的に禁止し、それを受けビットコイン相場は大混乱になりました。

 

一方、中国による仮想通貨禁止は長期的にプラスに働く可能性を秘めています。

 

多くの情報から今後の仮想通貨の動きを考察します。

中国ビットコイン禁止でビットコイン高騰?

2017年10月31日を最後に、中国でビットコイン取引が停止しました。

 

このニュースは多くの投資家を衝撃させましたが、今後の仮想通貨の展開を探るには詳細を知る必要があります。

 

まず、今回の規制は、ビットコインなどの仮想通貨と人民元の交換を規制するものです。

 

我々が仮想通貨に投資する際、当たり前ですが必ず現金を仮想通貨に両替する必要があります。

 

この両替作業を行うのが、国内の取引所であり、いったん仮想通貨にしてしまえば、即座に世界中の取引所に資金を移動させることが可能になります。

 

中国は、この取引所を規制することで、人民元の流出を抑えたわけです。

 

最も影響を受けた取引所は、OkcoinとHuobiでした。

 

規制後、この二つの取引所はすぐに売買機能を停止させています。

 

しかし、中国人の仮想通貨の投資熱は冷めることなく、2つの取引所は香港や海外に拠点を移し、取引を再開させています。

 

扱う仮想通貨はビットコイン、ライトコイン、そしてドルと連動するTUSDなどです。

 

問題は、現金と仮想通貨のパイプとなる、人民元→仮想通貨の取引ができないことです。

 

要するに、中国国民はビットコインが欲しくてたまらないわけです。

 

そこで、新たなビジネスが登場しています。

 

今回の規制は、取引所とICOを規制するもので、個人取引を対象とするものではありません。

 

よって、ビットコインを売る個人ビジネスが活発になっていると予想できます。

 

海外でビットコインを購入し、中国国内でビットコインを欲しい人から人民元を集め、ビットコインを販売するのです。

 

中国国内では、需要が供給を圧倒的に上回り、ビットコインが高値で売り抜けられます。

 

よって、海外でビットコインを仕入れて、国内で売る、個人転売が横行しているとみられています。

規制はどこまで

中国政府は、ビットコインの取引を禁止する一方、根幹のブロックチェーン技術は高く評価しており、政府が独自にブロックチェーンを開発しています。

 

政府は今後、規制の枠を広げることを検討しており、ビットコインのマイニングの規制も考えています。

 

現状、電力、人件費、土地が安い中国はマイニング大国となっており、市場に出回る半分以上のビットコインは「中国産」になっています。

 

中国への一極集中が、ビットコインの今後の懸念でしたが、もし中国でマイニングが禁止されれば、一極集中が解消される可能性があり、長期的にプラスに働くとみられています。

 

ビットコイン規制により、暴落した相場でしたが、直近では200万円の大台を突破するなど、規制などどこ吹く風。

 

今後の展開に期待です。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


中国,ビットコイン,禁止,規制


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で