そこはダメ!仮想通貨取引所選び【2018年最新】

そこはダメ!仮想通貨取引所選び【2018年最新】

取引所比較

ビットコイン購入には必ず取引所の開設が必要なのはご存知の通りです。

 

結論から述べると、取引所は日本の取引所の一択となります。

 

逆にそれ以外の取引所はあまりお勧めできません。

 

ビットコイン取引をする人たちの間で圧倒的な支持を獲得し、人気ののコインチェックの特徴、手数料、安全性を詳しく紹介します。

最も重要な安全性

取引所を選ぶ時に、最も重要で心配になるのが安全性ですよね。

 

特に気になるポイントは次の3つではないでしょうか。

 

  1. 不正出金や不正アクセスの心配
  2. 取引所の倒産でお金が無くなる?
  3. 操作が難しく、取引ミスによる損失

 

例えば、1つ目の不正出金や不正送金の問題です。

 

仮想通貨で最も多い、なりすましログインによって、不正に送金されてしまう問題です。

 

実は、不正出金は現金を動かすことから足が付きやすく、あまり被害はありません。

 

一方、不正送金は仮想通貨の匿名性を悪用され、比較的多く起こります。

 

最強のセキュリティの中身はこうです。

 

コールドウォレット-物理的にアクセスブロック-

ビットコインの送金や取引には、秘密の鍵が必要です。

 

この鍵をインターネットから物理的に遮断された場所に保管するします。

 

インターネットに接続されていないので、盗み出すことが物理的に不可能になっています。

 

ちなみに、破たんしたマウントゴックスは、インターネットに接続された場所にウォレットがあったため不正アクセスの被害にあっています。

 

ウォレットの冗長化

冗長化とは、いわゆるバックアップのことです。

 

ネットから遮断したコールドウォレットのコピーを、例えば北海道、関東、九州の三か所に置くことで、万が一災害で失われたとしても、他の2か所のウォレットがあるので資産が失われることはありません。

 

預り金は預り金

当たり前ですが、私たちの資産はしっかりと別枠管理されています。

 

一部の取引所では、顧客から集めた資産を経営資金に充てることもあります。

 

またマウントゴックスでは、顧客の資金を横領していた問題がありました。

 

日本の取引所は、顧客資産枠として管理しており安全です。

 

最後の1つ、操作ミスによる損失です。

 

これ、意外に多いんです。

 

例えば、ビットコインの送金の際に、間違ったアドレスを入力してしまうと、取り戻すことができなくなってしまいます。

 

日本の取引所は、仮想通貨取引の操作をできるだけ簡単に、わかりやすい設計になっているので、ミスが起こりにくくなっています。

<<東証一部上場GMOコイン公式ページ>>

https://coin.z.com/


・主要通貨の購入可能

・スマホで登録完結

・銀行提携で即時入金



公式サイト

特徴

GMOコイン

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事