仮想通貨暴落は続くのか | ビットコインの今後

仮想通貨暴落は続くのか | ビットコインの今後

仮想通貨暴落

仮想通貨,暴落
最近の暴落はビットコイン以外の通貨(アルトコイン)の下げ幅が拡大しています。

 

一方、アルトコインに比べて下げ幅が小さいビットコイン。

 

果たして、今後の仮想通貨の展開はどうなるのでしょうか。

ビットコインとアルトコインの動き

仮想通貨,暴落

 

これは最近の仮想通貨市場全体の動きです。

 

ピークーを境に急激に価格が下がっているのがわかります。

 

特に最近はビットコイン以外のイーサリアムやリップル、ネムといったアルトコインが値を下げています。

 

一方、ビットコインの価格は比較的安定しています。

 

なぜでしょうか。

 

実は、ここ最近になり、ビットコインの急激な普及が現実になろうとしています。

 

最も最新のニュースでは、スイスに拠点を置く世界的な銀行Falcon Groupが、ビットコインの資産管理をすると発表しました。

 

私たちの銀行口座に加え、ビットコインなどの仮想通貨専門口座も開設し、通貨と仮想通貨の垣根を無くそうという動きが、金融の柱である銀行レベルで行われることになりました。

 

他にも、ノルウェイ最大のネット銀行であるSkandiabankenが、ビットコイン口座開設を発表しています。

 

 

銀行が仮想通貨を取り扱い始めたのには理由があります。

 

最大の理由は流動性の向上です。

 

数年前までは、僅か数百億円の時価総額にしか満たなかった仮想通貨市場が、最近は10兆円を優に超えています。

 

これだけ大きな市場になれば、流動性が確保されることで、現金の分散先として注目されるのは当然です。

 

実際に、スイスに拠点を置く世界的な銀行Falcon Groupは、仮想通貨の高騰が、流動性を向上させ、現金と仮想通貨を橋渡しするのに十分な市場価値を持っていると発表しています。

 

では、今後ビットコインや仮想通貨はどのような動きを見せるのでしょうか。

仮想通貨変革の時代へ

結論から述べると、仮想通貨市場は今後数倍から数十倍以上になることが見込まれています。

 

10兆円の市場は大きいように見えますが、株式市場の8000兆円と比べるとまだまだ極小です。

 

また、仮想通貨は株と比較し、圧倒的に高い流動性を持っています。

 

仮想通貨を使って日用品や航空チケット、公共料金の支払いもできます。

 

友人同士の送金もスマホから気軽に行えるのです。

 

 

さらに、今後仮想通貨市場が高騰する要因は、大幅アップデートです。

 

専門用語では、Proof of Stakeと呼ばれています。

 

現在の仮想通貨の基本的原理は、Proof of Workです。つまり、仮想通貨の運営は、パソコンの計算能力を活用して行い、計算量を提供する人に多くの報酬が発生する仕組みです。

 

Proof of Workは、仮想通貨立ち上げ時期には最適な仕組みです。

 

誕生間もない、まだ価値の無かったビットコインを運営するためには、運営に貢献した人により高い報酬を支払うことで、大きな市場へと発展してきました。

 

ビットコインが世界的に普及し始めた現在では、Proof of Workがデメリットになってきました。

 

取引量の増大から、計算量が指数関数的に増え、消費電力が増加しました。

 

また、運営者が一極集中するリスクが出始めており、Proof of Workからアップデートする必要が出てきました。

 

そして、最新の仕組み、Proof of Stakeが取り入れられようとしています。

Proof of Stake

Proof of Stakeは、仮想通貨の保有量に対して報酬が支払われる仕組みです。

 

運営は、保有量に応じて計算を配分され、より単純な計算で仮想通貨を運営できるようになっています。

 

実は、Proof of Stakeは大きな革命です。

 

仮想通貨は、投資なのか投機なのか、論争が起こっていますが、投機と呼ばれる一つの理由に、配当がないことが挙げられます。

 

通常、株や定期預金、社債などは、保有するだけで配当が得られます。よって、長期的な保有者がいることで価格が安定します。

 

一方、仮想通貨は保有するだけでは配当は発生しません。

 

仮想通貨に投資する場合、売買差益だけを狙うため、投機とみられる要因なのです。

 

 

しかし、Proof of Stakeは仮想通貨を保有することで配当(報酬)が得られます。

 

すると、短期的な売買益を狙う人以外に、長期保有して配当を得る人や、ファンド、金融機関の投資先としてよりマネーが流れ込む構図が想像できます。

 

 

情報によると、間もなくイーサリアムがProof of Stakeを実施するといわれており、ビットコインもProof of Stakeの採用を検討しているとされています。

 

もし、Proof of Stakeが仮想通貨に採用され始めれば、現在の仮想通貨停滞を打破する大きな要因になりそうです。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


仮想通貨,暴落


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で