仮想通貨Liskの特徴と今後や高騰の理由

仮想通貨Liskの特徴と今後や高騰の理由

Lisk

Lisk,仮想通貨
毎日新しい仮想通貨が生まれる一方、毎日「死んでいく」仮想通貨も多い。

 

これまでに誕生した仮想通貨の中で、400を超える種類の仮想通貨は人気を得ることなく消滅しました。

 

一方、2016年5月24日と比較的最近誕生した仮想通貨Liskは最近注目され高騰しています。

 

なぜここまでLiskが注目されるのでしょうか。

Liskの8つの特徴

仮想通貨リスクには、他の仮想通貨に無い8つの特徴があります。

 

1.モージュール型通貨

従来の仮想通貨は、ブロックチェーンに決まった形式のファイルを保存していました。すでに設計図が決まっており、設計図通りにデータを書き込んでいきます。

 

一方、Liskはメインのブロックチェーンにベースの設計図を保存時、サイドチェーンには独自の設計図を保存できる自由度の高い仮想通貨です。

 

サイドチェーン以降のデータを設計者が自由にコントロールできるようにすることで、Liskを活用できるシーンが広がっているのです。

 

2.サイドチェーンの利用

1で紹介した通り、Liskはサイドチェーンを活用します。

 

サイドチェーンのメリットは高速性です。従来のブロックチェーンは、1本の鎖をひたすらつなげていく作業ですが、偽のトランザクションが増えると検証に非常に時間がかかり、承認速度が低下するという問題がありました。

 

サイドチェーンを利用することで、メインのブロックチェーンに負荷をかけず、常に高速で取引を行うことができます。

 

3.イーサリアムの知能

Liskプロジェクトにイーサリアム開発のコアメンバーが加わっています。

 

時価総額世界2位のイーサリアムの良いところをそのままに、Liskしかできない技術を加えていくことで、より便利で安全な仮想通貨を日々成長しています。

 

4.開発が簡単

Liskの開発にJavaScriptを使うことができます。JavaScriptは開発者になじみある開発言語なので、アイデアをそのままLiskに組み込みやすいという特徴があります。

 

JavaScriptが使えるというのは、簡単に言えばテンプレートがあるようなもので、ワードプレスのように誰でも簡単にブログを書く感覚でプロジェクトに参加できます。

 

5.一瞬で10億円を調達

Liskの開発を発表後、ビットコインで資金を募ったところ、一瞬で10億円が集まりました。

 

6.構築ツールとして利用される

開発者が仮想通貨を設計するときの、開発ツールそのものとしてLiskを利用することもできます。

 

現在、Liskでは様々なアプリケーションが開発されていて、オンラインゲームやネットショップなどのプロジェクトがどんどんと立ち上がっています。

 

7.世界中にLisk開発が分散

Liskに可能性を求めて参加するプログラマーは、一部の国だけでなく世界中に散らばっています。

 

一部の国だけに開発者が偏ると、その国に合わせたシステムになってしまいますが、多くの国の技術者が参加することで、世界中に通用する仮想通貨を構築しています。

 

8.101人の特別者

Liskの承認はブロックではなくラウンド制です。1ラウンドの中に101のブロックが存在し、1ラウンドを承認するたびに101名の参加者に報酬が発生します。

 

以上が仮想通貨Liskの特徴です。

 

要するに、サイドチェーンを採用することで、サイドチェーンごとに独自の仕組みを組み込むことができます。

 

ネットショップに強いチェーンや、決済専門チェーン、ゲームアプリチェーンなどです。

 

Liskというプロジェクト一つで、分野の違うプロジェクトを同時進行できます。

 

また、馴染みやすい開発言語を採用することで、サイドチェーンのメリットを最大限に生かしています。

 

 

1ラウンド17分の高速承認で決済速度も文句なし、世界中にまたがるプロジェクトがLiskのブロックチェーンに加わろうとしています。

 

2017年6月前半にLiskが高騰していますが、この高騰の理由はJaxxとの提携です。

 

Jaxxは、様々な仮想通貨のプラットフォームとして機能するシステムで、多種類の仮想通貨を同時管理することができます。

 

ここにLiskが参加することが決まり、価格が高騰しました。

 

世界中の技術者が多くのプロジェクトを同時に立ち上げており、今後の動きが楽しみですね。

 

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


Lisk,仮想通貨


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で