本当に使える仮想通貨取引所の実態 | 比較ランキング

本当に使える仮想通貨取引所の実態 | 比較ランキング

仮想通貨の取引所は2種類ある

タイトル通り、ビットコインやイーサリアムの取引所には大きく2つの種類があります。

 

それは日本円で仮想通貨を購入できる取引所とそうでない取引所です。

 

仮想通貨に投資して儲けたい人は、最終的に円資産を増やすことが目的ですよね。

 

よって、円で仮想通貨を購入・売却する取引所が必須です。

 

日本で最もメジャーな取引所が、ビットフライヤーZaifコインチェックとなります。

 

この3つの取引所のうち、コインチェックとビットフライヤーは、万が一不正な取引の被害にあっても、被害金額を保証してくれます。

 

ここで注意点。コインチェックとビットフライヤーの保証には違いがあります。

 

コインチェックは日本円の不正出金に加え、ビットコインの不正送金も保証されます。一方ビットフライヤーは日本円の出金だけです。

 

仮想通貨の不正で圧倒的に多いのは、ビットコインの不正送金であり、円の不正出金はほとんど被害が報告されていません。

 

というのも、円を出金するにはATMに立ち寄らなくてはいけないので、足がつきます。

 

ビットコインの送金は、仮想通貨の匿名性を利用するため足がつきにくく、また、世界中からターゲットにされるため、圧倒的にビットコインの不正送金被害が多いのです。

 

以上を踏まえるだけでも、国内に開設する、円と仮想通貨を交換するメインの取引所はコインチェック一択になります。

 

では、円交換以外の取引所はどうでしょうか。

 

世界には無数の取引所があります。

 

もっとも巨大なのがポロニエックスです。取引額もダントツトップです。ほかに、韓国の取引所Bithumb、ヨーロッパのBitfinex、中国のOKCoin.cnが有名です。

 

 

以上を踏まえると、日本円の窓口の取引所を一つと、多種類の仮想通貨取引用に海外の取引所や日本の他の取引所を開設することになりますね。

 

ここまで、読んでいただいて、必ず日本の取引所に口座開設する必要があると述べましたが、上級者向けに、日本の取引所に口座を開設しなくても、仮想通貨を購入し、日本円を出金する方法があります。

海外の取引所だけで取引する方法

結論からのべます。

 

  1. クレジットカードでビットコインを購入する。
  2. ポロニエックスにビットコインを送金する。
  3. デビットカードを作る。
  4. 日本のATMで出金する。

この方法で、日本に取引所を開設せず、円で仮想通貨を売買できます。

 

クレジットカードでビットコインを購入する方法は、ビットコインをクレジットカードで購入する方法最短10分ほどで入金と、ビットコインはドルが安いドルでビットコインを購入する方法にまとめてあります。

 

ポロニエックスの口座開設と送金は、ビットコインの送金方法ポロニエックス口座開設もです。

 

またデビットカードはビットコインデビットカードは決済が超絶便利です。

 

 

このように、仮想通貨が普及することで、資産管理がワールドワイドになります。

 

国境の壁がなくなりますね。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


仮想通貨,取引所,比較


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で