ビットコイン安全資産リップル暴落でビットコイン高騰

ビットコイン安全資産リップル暴落でビットコイン高騰

ビットコインが資産の逃避先に

ビットコイン,安全
ビットコインが仮想通貨の中では安全資産として、アルトコイン下落時に買われます。

 

また、現実の通貨危機の際にはビットコインが買われます。

 

具体的に見てみましょう。

リップル暴落でビットコイン暴騰

2017年5月25日、リップルが暴落し、ビットコインが過去最高値を更新しました。

 

まずはグラフをご覧いただこう。

 

こちらはリップルの価格推移。急落しています。
ビットコイン,安全

 

続いてビットコイン。リップル急落のタイミング急上昇しています。
ビットコイン,安全

 

実はこの動き、リップルとビットコインだけではありません。

 

ビットコインが急上昇したタイミングに、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨のこと)が急落しています。

 

どういうことでしょうか。

 

国内では現在、現金で購入できる仮想通貨はビットコインとリップルだけです。

 

そのほかの仮想通貨は、一度ビットコインに両替する必要があります。

 

コインチェックでは現金でダッシュやモネロを変えますが、システムの裏では一度ビットコインを経由しています。

 

海外も同様で、一部のアルトコインを除く多くの仮想通貨は、現金でいったんビットコインを購入した後、そのビットコインで仮想通貨を購入します。

 

 

よって、ビットコインは仮想通貨の基軸通貨の役割をしています。いってみれば、ドルのようなものです。

 

ドルは、世界の基軸通貨になっていて、どこの国でも必ずドルは両替することができます。

 

ビットコインは、様々な仮想通貨の出入り口になってるのです。

 

以上を踏まえれば、アルトコイン暴落時にビットコインが上昇するかわかりますね。

 

 

アルトコインを売却するということは、ビットコインを購入することと同じです。

 

アルトコインが売られれば、ビットコインが買われます。よってビットコインの価格が上昇するのです。

 

よって、仮想通貨が下落するような場合、安全資産としてビットコインが買われる傾向にあります。

 

この傾向、少し前までは見られませんでした。

 

仮想通貨の市場が小さかったため、ビットコインすら不安定で、仮想通貨の下落時にはビットコインを売って現金を確保する投資家が多かったためです。

 

しかし、市場が直近から10倍になったことで、ビットコインの価格が大きく崩れる可能性が低くなったため、安全資産としてビットコインが買われているのです。

 

この動きは仮想通貨市場を超えて、現実通貨にまで広がっています。

現実通貨よりもビットコイン

ドル、ユーロ、円、ポンドなどは、世界的に流通量が多い安全通貨です。

 

ちょっとやそっとのことでは、これらの通貨が紙くずになることはありません。

 

しかし、世界には自国の通貨が不安定な国が沢山あります。

 

日本人は現金を貯金することに安心しますが、通貨の価値が不安定な国では通貨を貯金することは非常にリスクなのです。

 

「昨日もらった給料20万円が、今日になったら1万円になっていた」ということも現実にあるのです。

 

その様な国では、もらった給料をビットコインに両替する動きが出始めています。

 

 

一般的に仮想通貨は値動きが荒く、リスクが高いといわれますが、それは円やドルに比べての話です。

 

小さな国の通貨は、ビットコイン以上に値動きが荒く、ビットコインに両替したほうがリスクを抑えられる国が沢山あるのです。

 

 

このように、高リスク通貨からビットコインに現金が流れると、そのビットコインはすぐに現金に両替することなく、長期で保有される傾向にあります。

 

よって、ビットコインの価格が安定してきます。

 

まとめると、ビットコインの価格が上がる→ビットコインを長期で持つ人が増える→価格が安定する→ビットコインが買われる

 

というように、正の連鎖が生まれています。

 

 

現在ビットコインの市場は5兆円に迫ろうとしています。

 

さらに、アルトコインが暴落しても、ビットコインの価格が上昇し、仮想通貨市場に影響を及ぼさなくなり始めています。

 

10兆円に迫る市場が、簡単には揺るがなくなってきているのです。

 

 

価格の安定は、これまで投資にためらっていた投資家が参入するきっかけになります。

 

以上を踏まえると、今後もビットコインの価格は上昇を続けるものだと思われます。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


ビットコイン,安全


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で