仮想通貨は世界で何種類あるのか?

仮想通貨は世界で何種類あるのか?

1000種類を超える仮想通貨

仮想通貨,種類
世界中には1000種類を超える仮想通貨が存在します。

 

その中で、最も有名なのがご存知のビットコイン。

 

時価総額は2兆円を超える大市場になっています。

 

世界2位はイーサリアムであり、その市場規模は約5000億円、ビットコインの4分の1の規模です。

 

仮想通貨の中でビットコインが圧倒的な地位を持っていることが分かります。

 

第3位はリップル。こちらが約1500億円の時価総額です。

 

そして、第4位のDashが600億円、第5位のライトコインが500億円と続きます。

 

ちなみに、仮想通貨に価値が付いていて、現在確認できる最も市場が小さい仮想通貨はWorld Gold Coinで、その時価総額は約4000円です。

 

World Gold Coinの世界順位は616位となっています。

 

 

仮想通貨が最初に誕生したのは2009年であり、ビットコインが仮想通貨のパイオニアです。

 

ビットコインが爆発的な人気になり、イーサリアム、リップル、モネロなど様々なコインが誕生し、その種類が1000種類を超えるまでに成長してきました。

 

誕生から10年が経とうとしている今、世界中に浸透する仮想通貨と消えてなくなる仮想通貨によって、急激に数を減らすことが予想されています。

 

仮想通貨の中でも有力視されているのが、仮想通貨第一号のビットコイン、新システムのイーサリアム、グーグルが手掛けるリップル、マイクロソフトが支援するLiskなどです。

 

仮想通貨は生まれたばかりの新技術であるため、現在は成長段階ですが、今後の普及スピードに期待です。

<<あなたもビットフライヤーに登録>>


仮想通貨,種類


リスク(Lisk)が買える

取扱量・ユーザー数・資本金日本一

金融庁認可の安心取引所

スマホだけで登録完結

ビットコイン以外のコインも直接送金

基軸通貨ビットコインと円の取引高は世界屈指


・リスク

・イーサリアムクラシック

・ライトコイン

・ビットコイン

・イーサリアム

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン


公式サイト

特徴

ビットフライヤー

(国内取引所)

国内シェア1位 メインの取引所として開設されることが多い

QUOINEX

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

ザイフ

(国内取引所)

仮想通貨以外に各種トークンも扱う。仮想通貨の積み立ても可能。

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事





















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で