仮想通貨とはそもそも何?

仮想通貨とはそもそも何?

仮想通貨とは

仮想通貨とは、国家の保証を受けない通貨のことです。

 

円やドル、ユーロはそれぞれ日本、アメリカ、ヨーロッパがその価値を保証しています。

 

一方、仮想通貨であるビットコインやイーサリアムはどこの国も価値を保証していない通貨であり、仮想通貨と呼ばれています。

 

では、なぜ価値が保証されていない仮想通貨に価値が生まれているのでしょうか。

世界中のネットワークが価値を保証

ビットコインなどの仮想通貨は、世界中のコンピューターが価値を保証することで、その信頼を獲得しています。

 

どこかの企業が発行しているわけでもなく、特定の人物が発行しているわけでもなく、ネットワークに参加する我々が価値を保証しているということです。

 

そうは言うものの、なかなかピンときません。

 

ビットコインの仕組みを理解すれば意味がよく理解できます。

 

難しい話を抜きにビットコインや他の仮想通貨の仕組みを紹介しましょう。

ビットコインの仕組み

ビットコインの正体はブロックチェーンと呼ばれる台帳です。

 

台帳の中にはビットコインの総数と送金記録がすべて記載されています。

 

現在、ビットコインの送発行量は2100万枚であり、ビットコイン台帳には2100万枚のビットコインがどこにあり、どのように送金されてきたをすべて記載しています。

 

そして、その台帳のコピーが世界中のコンピューターに保存され、コンピューター同士が正しく取引が行われているかを監視しています。

 

 

例えば、AさんがBさんにビットコインを送金したとします。

 

すると、ビットコインの台帳には、AさんからBさんへの送金記録が付け加えられます。

 

続いてBさんがCさんへ送金した場合、同じように台帳に送金記録が付け加えられます。

 

この情報は即座位に世界中のコンピューターにコピーされます。

 

このように、世界中で行われる支払いを監視することで、ビットコインが正しく運用されます。

 

 

では、不正な取引を行った場合はどうなるのでしょうか。

 

たとえば、CさんがDさんに、実際にはビットコインを送金していないのに勝手に台帳に送金記録を書き加えたとします。

 

この段階では不正が見つけることができません。

 

しかし、世界中の台帳と不正に書き込まれた台帳の整合性を計算して、Cさんの取引が実際には行われなかったとすぐに検知することができます。

 

 

不正に対するセキュリティーは完璧で、ビットコインが誕生してから10年で一度も不正が行われたことがありません。

 

これは非常に驚くべきことです。

 

なぜならば、円やドル、ユーロは国家が価値を保証し、監視していても、偽札や不正送金などが日常行われています。

 

万が一、偽札が大規模に流通してしまえば、新紙幣を導入しなくてはなりません。

 

 

一方、ビットコインは仕組み上不正を行うことは不可能です。

 

このセキュリティの高さがビットコインの大きな価値の一つなのです。

仮想通貨って便利なの?

仮想通貨が普及すると、我々の何が便利になるのでしょうか。

 

ビットコインのメリットの一つは手数料が安いことです。

 

現在送金手数料は十数円となっていて、銀行振り込みに比べて圧倒的に安くなっています。

 

よって、買い物や送金にビットコインを使えば、劇的に手数料を安く済ませることができます。

 

 

例えば、海外に留学している子供に仕送りする場合、高額な海外送金手数料を払う必要があります。

 

ビットコインを使えば、世界中どこに送金しても手数料は一律であるため、気軽にお金を送金することができるのです。

<<東証一部上場GMOコイン公式ページ>>

https://coin.z.com/


・主要通貨の購入可能

・スマホで登録完結

・銀行提携で即時入金



公式サイト

特徴

GMOコイン

(国内取引所)

リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。100%コールドウォレット管理で安全

バイナンス

(外国取引所) 

世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。取引量も圧倒的

Ginco(ギンコ)

(スマホ保管)

ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管

Ledger NanoS

(保管端末)

仮想通貨を安全に保管する端末

コインママ

(販売所)

クレジットカードで仮想通貨を購入。購入後、即換金・送金可能



 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなが読む記事